家族葬

葬儀後のサポートもお任せください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

葬儀が終わった後も引き続きサポートします

葬儀をされるということは、大切な方を亡くした悲しみはさることながら、精神的にも肉体的にも大変お疲れになられます。しかし、葬儀が終わった後も、ご家族にはやらなくてはならない手続き等がたくさんございます。葬儀をお手伝いさせて頂いた方から「葬儀が終わってから、やることがこんなに多いとは思わなかった・・・」「何から手を付けて良いのかわからない・・・」等のお話を伺うこともございます。弊社では葬儀を終えたご家族に少しでも気持ちが休まる時間を作って頂けるように、葬儀後もしっかりとサポートをさせて頂いております。

法要のこと

仏式の葬儀をされた場合、葬儀後に初めて行う法要として多いのが四十九日法要です。亡くなられた日から四十九日目に行う法要ですが、日を過ぎない方が良いとされており、一般的には四十九日よりも前に行います。法要にあたっては、日時や場所を決定し、参列頂く方にお伝えしたり、四十九日法要までに本位牌の準備をしたりする必要があります。また、流山市や柏市、野田市の周辺では、四十九法要と合わせて納骨をされることが多く、その場合には石材店の手配も必要となります。弊社では、四十九日法要の案内状や本位牌の準備、法要で使用するお花や法要後の食事等をお手伝いすることが可能です。また、弊社の自社式場である流山家族葬ホールは法要での利用も可能です。

仏壇やお墓のこと

仏壇やお墓をお持ちでない場合には準備をする必要があります。仏壇は故人様の位牌を安置する場所として、お墓は遺骨を納め故人様がお休みになる場所として大切なものです。仏壇はできるだけ四十九日法要までに準備をすることが望ましいでしょう。お墓を建てる場合は、一周忌を目安に準備されることが多いようです。弊社では仏壇の準備はもちろんのこと、霊園のご紹介等も可能です。

後返しのこと

後返しとは、高額のお香典を頂いた場合に改めてお返しをされるものをいいます。一般的には半返しといわれ、四十九日法要が終わった後にご挨拶状を添えてお送りします。弊社では、ご挨拶状をサービスでお付けし、後返しのお手伝いを行っております。

名義変更や相続のこと

故人様名義になっているものは名義変更の手続きが必要です。お手続きに関しては、人それぞれに内容が異なり、その内容も多岐にわたります。また、相続は手続きの内容によって完了するまでに数か月かかるケースもあり、専門家に依頼する方が良い場合もあります。弊社では、相続専門の司法書士をご紹介することが可能です。

遺品整理やお部屋の片付けのこと

ご家族と同居されていた場合にはお部屋や遺品を整理する時間に余裕があることも多いですが、施設や賃貸住宅等で独り住まいだった場合等は、早めにお部屋を片付けないといけないこともあります。不要なものとして処分するものもあれば、お手元にとっておきたいもの、しっかりと供養した上で処分したいもの等、様々なものがあると思います。弊社では遺品整理からお焚き上げ供養まで、しっかりとお手伝いさせて頂くことが可能です。

葬儀後も安心してご相談ください

弊社は「流山市の家族葬」「柏市の家族葬」「野田市の家族葬」を得意とする葬儀社です。弊社では葬儀を誠心誠意お手伝いさせて頂くことはもちろんですが、葬儀が終わった後のサポートも大切なことであると考えております。弊社で葬儀をお手伝いさせて頂いた方も、そうでない方も、お困りなことがございましたらお気軽にご相談ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加