家族葬

死亡届の提出で銀行口座の凍結はしません

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人が亡くなるとお医者様から死亡診断書が発行されます

人が亡くなると死亡確認をしたお医者様が死亡診断書を発行します。死亡診断書はA3サイズの用紙で、右側にお医者様が記入する死亡診断書、左側がご遺族が記入する死亡届になっています。ただし、突然死等で警察が介入した場合は死亡診断書ではなく死体検案書となります。用紙自体は死亡診断書と同じものになります。

死亡届は市役所に提出します

お医者様から発行された死亡診断書は、左側の死亡届の部分を記入したら、死亡地か故人様の本籍地、もしくは死亡届の届出人の住所地の市役所に提出をします。この手続きは、基本的には葬儀社が代行致します。お客様の中には「死亡届はいつ提出しますか・・・?」「死亡届を提出するのはまだ待ってほしい・・・」といったお話をされる方が一定数いらっしゃいます。主な理由としては、「銀行口座が凍結されると困る・・・」といったことからなのですが、基本的には死亡届の提出で銀行口座が凍結することはございません。

死亡届の手続きで銀行口座が凍結することはございません

「死亡届を市役所に提出すると銀行口座が凍結する・・・」という噂話がございますが、基本的にそういったことはございません。確かに銀行は亡くなったことを知ると、その方の口座を凍結させますが、死亡届の提出によって亡くなった事実を知ることにはなりません。死亡届を受理した市役所から、各銀行に連絡をすることは一切ございません。

流山市や柏市や野田市の家族葬なら弊社にお任せください

弊社は「流山市の家族葬」「柏市の家族葬」「野田市の家族葬」を得意とする葬儀社です。地域密着型の地元葬儀社ですので、死亡届の手続きを行い、流山市や柏市の方が利用するウイングホール柏斎場や、野田市の方が利用する野田市斎場や野田市関宿斎場をスムーズに予約することができます。また、地元葬儀社としての豊富な経験から、死亡届による銀行口座の凍結がないこと等の情報も、的確にお客様にお届けができます。弊社は、多数の葬祭ディレクターとグリーフケアアドバイザーが在籍しており、その他の、葬儀に関するお客様の心配事や質問事にも、正確に、かつスピーディーにお答えすることが可能です。弊社は、葬儀の施行だけでなく、葬儀後の仏事のことや、お墓のこと、手続きのことまでも、しっかりとお客様をサポートしています。流山市や柏市、野田市で安い家族葬を安心して行いたい方は、弊社にお任せください。弊社のスタッフが丁寧にサポートさせて頂きます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加