仏壇

仏壇の引っ越しや買い替えについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

仏壇を引っ越しする場合

仏壇を引っ越し等で他の場所に移動する場合には、移動する前に閉眼供養を行うことが正式とされています。閉眼供養とはご本尊等から魂を抜いて頂く儀式で、魂の抜けた仏壇は物となり移動させても良いとされています。引っ越しの前に閉眼供養を行い、引っ越し後には新居に仏壇を安置し荘厳した後で改めて開眼供養を行います。開眼供養は菩提寺様にお勤め頂くことが理想ですが、引っ越し先が遠方である場合等は菩提寺様に相談した上で、近隣の同じ宗派のお寺様を紹介して頂いても良いでしょう。ただし、最近では「仏様やご先祖様を大切に思う気持ちがあればそのまま移動しても良い・・・」という考えもあり、特に閉眼供養等をせずに移動することも多いようです。

仏壇を買い替える場合

「古くなった仏壇を新しい物に買い替えたい・・・」「今ある仏壇は新居におけないから小さい仏壇にしたい・・・」「新居の雰囲気に合わせて仏壇も新しくしたい・・・」等、様々な事情で仏壇を買い替える場合があります。仏壇を買い替える際には、古い仏壇は閉眼供養を行い、新たに購入された仏壇は開眼供養を行います。買い替える仏壇のタイプや大きさによっては仏具の買い替えも必要になることがありますので、仏壇だけを買い替えるのか、仏具等も合わせて買い替えるのかを考慮して、新しい仏壇のタイプや大きさを選ばれると良いでしょう。

古い仏壇の処分の仕方

役目を終えた仏壇を処分する場合、一般的には閉眼供養を行い、お焚き上げをして頂きます。しかし、近年は自治体の法令や環境への配慮から、お焚き上げを行うことが難しい場合もございます。お焚き上げができない場合は、閉眼供養のみを行い、その後に自治体の法令に従って処分することになります。また、仏壇を買い替える場合には、仏壇を購入する仏具店で古い仏壇を引き取り処分してくれることがありますので、購入の際に相談しておくと良いでしょう。仏壇は、家の中の寺院としての役割を持つ大切な存在です。役目を終えた仏壇に対しても、お気持ちを込めて供養し処分して頂きたいものです。

仏壇についての相談も承ります

弊社は「流山市の家族葬」「柏市の家族葬」「野田市の家族葬」を得意とする葬儀社です。弊社では「仏壇を守る人がいなくなった・・・」「子供と同居することになり大きな仏壇を持っていくことができない・・・」「親戚の遺品を整理しなければならない・・・」「閉眼供養や開眼供養をどこにお願いすれば良いのかわからない・・・」等、仏壇の買い替えや処分にお悩みの方の相談も受け付けています。流山市や柏市や野田市で安いお家族葬をお考えなら安心して弊社にお任せください。葬儀だけでなく、仏事全般のアドバイスもさせて頂きます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加