家族葬

焼香の行い方と回数

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

焼香の際のお辞儀は親族には必要ありません

仏式の葬儀では参列者の方は焼香を行います。喪主様から始まり、親族の方、一般の方といった順番で行っていきます。順番が来ると焼香台へと向かい後ろに向かって何度も何度もお辞儀をされる方が多いですが、基本的には親族同士でのお辞儀は必要ありません。一般の方に向かってのお辞儀となります。なので、親族にお辞儀して、一般の方にお辞儀して、右に左にと忙しく行う必要はございません。また、何度もお辞儀をして雑になってしまうよりかは、皆様に向かって1回丁寧にお辞儀をした方がきれいに見えます。

家族葬なら後ろに向かってお辞儀をする必要はありません

焼香の際に後ろに振り返ってお辞儀をするのは一般の参列者に向かって行うことです。家族葬で行う際は、親族の方のみでの葬儀であることが多いので、焼香の際に後ろを振り返ってお辞儀を行う必要はございません。焼香台まで進みましたら、正面に向かって一礼をして焼香をすれば良いのです。焼香が終わった後も同じように、正面に向かって一礼し席に戻ります。

焼香の回数は宗派によって違います

焼香の回数は葬儀の宗派に合わせても自分の宗派に合わせても大丈夫です

「焼香の回数は何回ですか・・・?」といった質問が多くございます。焼香の回数は宗派によって変わってきますが通常は1回から3回になります。その時行っている葬儀の宗派に合わせて行っても良いでしょうし、参列者の方それぞれの宗派に合わせた回数で行っても良いでしょう。ただし、参列者が多い葬儀の場合は、葬儀社から「ご焼香はお気持ち込めての1回焼香でお願い致します・・・」といった案内がある場合がございます。その時は焼香の回数は1回で行うことがマナーとなります。

各宗派での焼香の回数と意味

天台宗

天台宗での焼香は、回数に特に定めがございません。3回行うことが多いですが、1回から3回で行えば良いでしょう。

真言宗

真言宗での焼香は3回です。「仏・法・僧に供養する・・・」「身・口・意の三密修行に精進する・・・」「戒香・定香・下脱香といい自らが戒律を保って心の静寂を求めることができる功徳がある・・・」といった理由になります。

浄土宗

浄土宗の焼香は、回数に特に定めがございません。天台宗と同じように1回から3回で行えば良いでしょう。「真心こめて一心に・・・」という意味で1回行ったり、「身を静めて1回と心を清めるために1回・・・」という意味で2回行ったり、「過去と現在と未来の衆生に回向・・・」という意味で3回といわれています。

臨済宗

臨済宗の焼香は、回数に特に定めがございません。1回で行うことが多いです。

日蓮宗

日蓮宗の焼香は3回行います。「仏・法・僧の三宝供養・・・」「空・仮・中の三諦にならう・・・」といった理由だといわれています。

曹洞宗

曹洞宗の焼香は、回数に特に定めがないといわれることもありますが、一般的に2回行います。1回目を「主香」といい香を額まで戴き、2回目を「従香」といい額まで戴かずにそのまま行います。2回目の従香は主香に足すという意味になります。

浄土真宗

浄土真宗の焼香は本願寺派と大谷派でも回数が変わります。本願寺派は1回で、大谷派は2回です。浄土真宗でも香を額まで戴くことはしません。

家族葬は知識もしっかりある葬儀社に依頼をしましょう

焼香の回数等は葬儀に関する基本的な知識です。葬儀社にとってお客様に対しての気遣いや心遣いも大切なことの1つですが、こういった葬儀の基本的な知識を持っていることも重要です。知識がなければ応用もできませんし、適切な気遣いも心遣いも行えません。安い家族葬を専門に行っている弊社は、定期的にスタッフの勉強会を行い、葬儀に関する知識の向上に努めています。家族葬は葬儀の知識も豊富な葬儀社に依頼することで安心してお任せすることができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加