家族葬

直葬を行う時には注意する事があります

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

菩提寺様がいらっしゃる場合には事前に了承を頂かないといけません

了承を頂かないと後々トラブルになります

直葬を希望される方で菩提寺様がいらっしゃる場合には、事前に菩提寺様から「直葬で行う事」を了承して頂かないといけません。「終わってから連絡しますから・・・」「あのお寺は大丈夫ですから・・・」と事前の連絡をしようとされないお客様もいらっしゃいますが、後々のトラブルを避けるためにも必ず連絡はしましょう。

直葬で行っても後で戒名をもらって葬儀を行うことになります

お墓がお寺様のところにある場合は、そのお寺様が菩提寺様です。菩提寺様のお墓に遺骨を納骨する際は、基本的に菩提寺様に葬儀を行って頂き、戒名を授からなければいけません。お寺様の檀家である以上は、「俗名のままで・・・」ということはできません。

勝手に直葬で行うと納骨ができなくなる事もあります

お客様と葬儀社で勝手に故人様の火葬を行うことは菩提寺様に対して失礼な行動となります。菩提寺様に事前の了承を頂かず、連絡もせずに、火葬を行ってから報告をするといった流れで行ってしまうと、最悪の場合は納骨ができなくなります。また、現在、菩提寺様のお墓に納められているご先祖の遺骨も改葬して出ていかないといかなくなるというケースもございます。

流山市や柏市、野田市では菩提寺様がいる場合の直葬は難しいです

有限会社東葛福祉葬祭の施行エリアの、流山市や柏市、野田市では、菩提寺様がいる場合の直葬は難しい事の方が圧倒的に多いです。後日に、お寺様であらためて葬儀を行って戒名を授ける事を条件に直葬を了承されるお寺様もいらっしゃいますが、ごくごく一部のお寺様です。

故人様のご兄弟にも了承をもらっておいた方が良いです

故人様が「直葬で行ってほしい・・・」という希望であった場合でも、故人様のご兄弟には、その意向を伝えて了承を頂いておいた方が良いでしょう。葬儀に対しての価値観は人それぞれですから、故人様のご兄弟が直葬に対して反対の場合もございます。「こんなかわいそうな葬儀をして・・・」「あなたたちは本当に親不孝ね・・・」等という言葉をかけられる事もございます。直葬で行ってからでのお伝えでは、ご兄弟にとっては素直に聞き入れて納得する事が難しいです。事前にしっかりと意向を伝え、理解をして頂く事で、そのようなトラブルを回避する事ができます。

直葬を行う場合は家族葬専門の葬儀社に依頼しましょう

直葬は最も安い葬儀の形式です。葬儀社によっては安い葬儀を嫌がるところもございます。そのような葬儀社は金額によってスタッフの対応が変わったり、経験の浅いスタッフが対応したりといった事がございます。直葬で行うことを希望される方は、家族葬専門にしている葬儀社に依頼しましょう。そうすることで、しっかりとした対応を期待できますので安心です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加