家族葬

故人様のお召し物について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

病院では浴衣にお着せ替えする場合が多いです

病院でお亡くなりになった場合、ほとんどの病院では亡くなった直後にお体の処置を行い、故人様には浴衣をお着せします。一部の病院では、ご家族様が用意した洋服等にお着せ替えをして頂けますが、一般的には浴衣へのお着せ替えとなり、自宅や安置施設へ搬送する際には故人様は浴衣を着た状態になります。

改めて好きな衣類にお着せ替えができます

生前、故人様がお好きだった洋服や、ご家族様の思い入れのある衣類、大好きだった着物を着せてあげたいと思われる方もいらっしゃると思います。お着せ替えはご家族様が行ってはいけないということはございません。しかしながら、故人様のお体の状態や衣類の形状等によっては、ご家族様の手で行うことが難しい場合も多くございますので、葬儀社と相談をして納棺師等の専門スタッフにお任せすることをお勧めいたします。また、仏式の葬儀においては納棺を行う前に故人様に旅支度を行う宗派もございます。その際は、白い仏衣にお着せ替えをし、脚絆や手甲等をお付けし身支度を整えます。最近では好きな衣類をお着せし、旅支度はお棺の中に納めるということもございますので、ご希望の衣類がある場合には葬儀社に相談をしましょう。なお、故人様にお着せする衣類は火葬ができるものに限ります。装飾に金属類が多く使われている衣類や革製品の衣類等は火葬に支障が出るためお着せすることができない場合もございます。お選び頂く際には注意が必要です。

ご家族様の希望をお聞かせください

故人様のお着替えは必ずしなくてはいけないことではございません。お着替えを希望されない場合や、お体の状態によってはお着替えが難しい場合もございます。そのような場合は、お好きだった衣類を棺に納めたり、故人様のお体の上にかけて差し上げたりすることができます。弊社は「流山市の家族葬」「柏市の家族葬」「野田市の家族葬」を得意とする葬儀社です。故人様とのお別れを重視した家族葬では、「故人らしい姿で送ってあげたい・・・」という思いから、お好きだった衣類をお着せしたいという希望が多くございます。弊社ではお客様の希望に合わせて、納棺師による故人様のお着せ替えを安価で行うことができます。流山市や柏市や野田市の安い家族葬をお考えなら安心して弊社にお任せください。「この洋服は着せられるかしら・・・?」「大好きだった着物を着せてあげたい・・・」「お気に入りだった洋服を着せて送ってあげたい・・・」という思いにお応えできるよう誠心誠意ご対応いたします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加