家族葬

直葬について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

直葬とは火葬だけを行う葬儀形態です

多様化する葬儀形態の中で、宗教的な儀式を行わずに火葬のみの葬儀を直葬といいます。火葬のみの葬儀ですので式場を借りたり祭壇を飾ったりする必要がなく、通夜と告別式を行う従来の葬儀と比べて比較的安価で行うことができます。ただし、菩提寺等のお付き合いのある宗教者様がいらっしゃる場合には、事前に宗教者様に希望を伝え了承して頂く必要がございます。了承を頂かずに直葬での葬儀を済ませてしまうと、後々トラブルになることもありますので注意が必要です。

直葬が選ばれる理由

直葬という葬儀形態を選ばれる理由としては、「葬儀費用が安価であるから・・・」「入院費用等の出費が大きく葬儀にあまり費用をかけられないから・・・」「特に信じている宗教がなくシンプルに行いたいから・・・」「故人が生前希望していたから・・・」等々、様々な理由があります。また、生活保護を受けていらっしゃる方が葬祭扶助により葬儀を行う場合は原則として直葬となります。

直葬の流れ

一般的な直葬の流れは、お亡くなりになった病院や施設等へ葬儀社がお迎えに上がり自宅や葬儀社の安置施設に搬送し安置をします。その後、火葬日時等についてご家族様と葬儀社の担当者とで打合せを行い決定していきます。自宅へ搬送し安置する場合には、自宅で納棺等を行い、火葬当日に霊柩車とともに火葬場へ行き火葬を行います。葬儀社の安置施設での安置の場合は、火葬日までの間に葬儀社の施設で納棺を行い、火葬当日は火葬場でお待ち合わせすることが多くなります。流山市や柏市、野田市の方が主に利用するウイングホール柏斎場や野田市斎場、野田市関宿斎場では、火葬前に最後のご対面やお別れを行うことができます。

直葬の満足度は葬儀社を選びで決まります

直葬での葬儀は費用が安価であることから、葬儀社によっては新人の担当者がついたり、担当者がしっかりとした対応を行わないこともございます。また、通夜と葬儀を行うように強く勧めてくる葬儀社等もあります。安価な葬儀形態だからこそ、選ぶ葬儀社によって満足度が大きく変わってきます。弊社は「流山市の家族葬」「柏市の家族葬」「野田市の家族葬」を得意とする葬儀社です。家族葬や直葬といった小規模の葬儀を主にお手伝いをしており、弊社のスタッフはどのような葬儀の依頼にも真摯に対応をさせて頂いております。流山市や柏市や野田市で安い家族葬をお考えなら安心して弊社にお任せください。安くても満足度の高い葬儀を提供することをお約束します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加