家族葬

直葬を選択される方の理由とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

直葬とは

直葬とは宗教儀式を行わない葬儀の形式です。火葬場の予約時間に集まり、短い時間でのお別れをして火葬を行うという流れです。宗教儀式をを行わないので葬儀場を借りる必要もなく、祭壇を用意する必要もなく、最もシンプルな故人様の送り方になります。直葬で行う場合には、さまざまな注意事項がございますので、単に「安く行いたいから・・・」「簡単に行いたいから・・・」「故人が希望していたから・・・」という理由だけで決めてしまうのはトラブルのもととなります。しっかりと葬儀社と相談したうえで決定しましょう。

直葬を選択される方の理由

宗教上の理由

葬儀を行わずに直葬で行う宗教もございます。直葬だけで終わりの場合もあれば、火葬が終わった後に記念式等を行う場合もあります。「死」に対しては宗教によってさまざまな考えや価値観があり、故人様の信じる宗教の価値観に合わせることが多いです。

生活保護を受給している

生活保護受給者が行う葬儀の場合、葬祭扶助が市から支給されることがございます。葬祭扶助で行うことができる葬儀の内容は決まっていて、直葬の形式となります。宗教者を呼んだり、祭壇を飾ったりといった葬儀は葬祭扶助で行う場合にはできません。生活保護受給者が葬儀を行う場合は直葬ということになります。

金銭的な理由

平均寿命が延びたことによって「医療費がかかって葬儀にお金がかけられない・・・」「日々の生活がやっとで葬儀費用が捻出できない・・・」といった金銭的な理由により直葬を選ばれる方もいます。生活保護を受給していなくても「葬儀費用がない・・・」「生活に余裕がない・・・」という方もいらっしゃいます。葬儀は借金してまで豪華に行うことではございません。無理のない範囲で心を込めて故人様を送ることの方がよっぽど良い選択でしょう。弊社は安い直葬や家族葬を専門にしている葬儀社です。ご心配なことは何でもご相談下さい。

故人様のご意向

故人様が亡くなる前に「私の葬儀は直葬でやってほしい・・・」「家族だけで火葬すれば良いから・・・」と家族に伝えていることがあります。「ご家族に金銭的な負担をかけたくない・・・」「葬儀に意義を感じない・・・」「多くの人に死に顔を見られたくない・・・」というようなことからのご意向でしょう。「故人の意思を尊重する・・・」という理由で直葬を選ばれる方もいます。

遠方の菩提寺で本葬を行う

菩提寺様が遠方の場合、葬儀のために来て頂くことが難しいケースもございます。その場合、直葬で行った後に遺骨の状態で菩提寺様へ行き本葬を行うことがございます。これは「旅先で亡くなってしまった・・・」「単身赴任先で亡くなってしまい実家で葬儀を行う・・・」といった、亡くなった場所が遠方の場合にもとられる選択です。遺骨ではなく遺体の状態で搬送を行うと、搬送費が高額になってしまうため、現地で直葬を行って、遺骨の状態で帰ってから葬儀を行うという行い方もございます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加