家族葬

葬儀の当日に納骨まで行う場合

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

葬儀の当日に納骨まで行うこともあります

一般的には、納骨は49日法要の際に行うことが多くなります。しかし、地域の風習やご家族様のご希望で葬儀当日に納骨まで行うこともございます。葬儀当日に納骨まで希望される場合には、様々な注意事項がございます。

火葬の時間に注意が必要です

葬儀当日に納骨まで行う場合は火葬の時間に注意しなければいけません。ウイングホール柏斎場の最終の火葬時間は15時です。野田市斎場や野田市関宿斎場は14時30分の火葬が最終になります。これらの最終時間の火葬で行うと、収骨まで終わるのは夕方になってしまいます。夏場はまだまだ明るい時間帯ですが、冬場では墓地に着くころには日が落ちてしまいますので、納骨を葬儀当日に行う場合には、基本的に午前中の火葬を予約することになります。火葬の時間は葬儀の打合せの最初に決定していく事項ですので、「葬儀当日に納骨をしたい・・・」という希望がある方はしっかりと葬儀社に伝えておきましょう。

墓地の都合も確認しなければいけません

ご家族様が「火葬が終わった後に墓地へ行って納骨をしたい・・・」という希望があった場合には、墓地の都合も確認しなければいけません。墓地がお寺の境内にある場合には、「当日の納骨が難しい・・・」ということは少ないですが、墓地が霊園にある場合、「その日は納骨できませんので後日にしてください・・・」と言われてしまうことがございます。霊園の受入れができない場合は、必然的に納骨ができなくなりますので必ず確認が必要です。

当日納骨を希望の方も弊社にお任せください

弊社は「流山市の家族葬」「柏市の家族葬」「野田市の家族葬」を得意とする葬儀社です。地域密着型の葬儀社ですので、地元の流山市や柏市、野田市のお寺様や霊園のことを熟知しております。葬儀当日にスムーズに納骨を行うには、葬儀社とお墓の管理者がしっかりと連携して行うことが大切になってきます。葬儀社が「納骨は石材店の仕事だから・・・」と考え、石材店が「言われた時間に納骨の準備をすれば良い・・・」という考えでは葬儀全体としてのスムーズな進行は難しくなります。火葬の時間一つをとっても予定時間より早くなることもあれば遅れることもありますので、スムーズに葬儀から納骨までを行うには葬儀社と石材店との連携が重要になります。流山市や柏市や野田市で安い家族葬をお考えなら安心して弊社にお任せください。当日納骨等の希望にも、経験豊富な葬祭ディレクターがしっかりと対応させて頂きます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加