家族葬

死亡届の手続き

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

死亡届の手続きの期限

死亡届には手続きを行わなければいけない期限があります。戸籍法にて定められており、死亡した事実を知った日から7日以内となっています。「孤独死していて7日間を過ぎてしまった・・・」と心配される方もいますが、「死亡してから」ではなく「死亡した事実を知った日から」です。この期間に死亡届を役所に持っていき手続きをする必要があります。また、国外で死亡した場合は、その事実を知った日から3ヶ月以内とされています。

死亡届の届出人になれる人

死亡届は誰でもできるわけではございません。届出人になれる人というのは決まっています。届出人になれるのは親族はもちろんの事、同居人や家主、地主や家屋管理人、後見人や保佐人、補助人、公設所の長になります。友人や知人は、どんなに仲良くされていても死亡届の届出人にはなれません。親族がまったくいらっしゃらないという方もいらっしゃいますが、その場合は「家屋管理人」か「公設所の長」が届出人になる事が多いです。家屋管理人とは、住民票が住んでいるアパート等にあれば大家さん、老人ホーム等の施設にあればその施設長があたります。自宅に住民票があり、親族がいない場合は、死亡した病院の院長が届出人になる事が多いです。私立の病院ならば家屋管理人、市立の病院なら公設所の長となります。病院の院長先生が届出人になる場合は、届出人欄の住所は病院の住所、本籍地は空欄となります。流山市や柏市、野田市の場合は、病院の院長先生が届出人になったときのみ、死亡届に押印されていれば役所へ印鑑を持参しなくても手続きを行ってくれます。

死亡届を提出する事ができる市役所

死亡届を提出する市役所にも決まりがあります。基本的には三カ所あり、死亡した場所、故人様の本籍地、届出人の住所地の役所となっています。故人様の住所地でも「一時滞在地」として届出ができるはずですが役所の方によって反応が変わりますのでお勧めはできません。故人様が野田市に住んでいるが本籍地は関西、埼玉県の病院で死亡し、届出人になる方の住所地は茨城県という場合は、野田市に住民票があるが死亡届は野田市に提出できないということになります。関西に行くのは大変なので、死亡地の埼玉県か、届出人の住所地の茨城県で手続きを行う事になります。

通常は葬儀社が代行します

死亡届の手続きの際、同時に火葬許可証を発行してもらう事になりますので、通常は葬儀社が代行します。死亡届の手続きの代行には届出人様の印鑑を預かる必要があるので、葬儀社に預けられる印鑑を準備しておかなければいけません。シャチハタでは受理されないので認印が必要になります。流山市や柏市、野田市の葬儀社をお探しでしたら、有限会社東葛福祉葬祭にお任せ下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加