家族葬

家族葬でも食事のお振舞いは必要?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

通夜振る舞いと精進落とし

葬儀では、ご会葬頂いた方や宗教者様に対してお食事のお振舞いを行うことがあります。地域によっても異なりますが、弊社がお手伝いをしている流山市や柏市、野田市では、お通夜の日にご用意する食事をお通夜振る舞い、葬儀当日にご用意するお食事を精進落としと呼び、参列された方々に食事を振る舞うことが多くございます。通夜振る舞いはご家族やご親族をはじめ、参列された一般の方々にもお席をご用意し、精進落としはご家族やご親族のみで、火葬中にお振舞いするケースが多くみられます。お食事のお振舞いについては地域の習慣によって異なってきますので、基本的には葬儀を行う地域の習慣に合わせると良いでしょう。

家族葬でも食事の準備は必要?

一般の会葬者が来られる場合は、ご参列者へのお礼の意味等も考慮し、お食事のお振舞いを行うことがほとんどです。ご家族やご親族だけで行う家族葬の場合であっても、故人様を偲んで食事をされるケースが多くございます。もともと食事には死者の魂を鎮め、死の穢れを清める力があるといわれており、参列者への振舞いの食事は「お清めのためにも準備するもの・・・」といわれています。また、ご家族が故人に成り代わり参列者に食事を振る舞うことで、故人に功徳を積んでもらうという意味もあるようです。ただし、葬儀に関しては地域によって様々な風習や習慣がございますので、それらを踏まえた上で最終的にはご家族様のお考えでお決め頂いても差支えございません。

葬儀社に依頼をすればお振舞いに関する全てを行ってくれます

参列者に食事を振る舞うには料理だけがあっても足りません。料理の他にも、人数に合わせて取り皿やコップ等の食器類をそろえなければいけませんし、配膳の手伝いも必要です。昔は近所の方等が配膳を手伝ってくれましたが、最近ではなかなかお願いすることは難しいものです。葬儀社に通夜振る舞いや精進落としの料理を依頼すれば、一通りの準備や接待を行ってくれます。また、自宅で葬儀を行う場合ですと食事を振る舞うためのテーブルや座布団等も準備しなくてはいけませんが、こういったものも葬儀社の方で準備することが可能です。

弊社ではご要望にあったご提案を致します

弊社は「流山市の家族葬」「柏市の家族葬」「野田市の家族葬」を得意とする葬儀社です。葬儀では参列された方々にお食事を振る舞うことが多いですが、弊社では「なるべく費用を抑えた家族葬を行いたい・・・」等のご意向の方には無理にお料理を勧めることは致しませんし、過分に準備をして頂くように促すことも致しません。ご家族様にはそれぞれに事情やお考えがあります。弊社ではしっかりとご説明、ご提案をさせて頂いた後に決断されたお客様の要望を尊重させて頂いております。流山市や柏市や野田市で安い家族葬をお考えなら安心して弊社にお任せください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加