家族葬

葬儀の資料請求後は営業されることが多いです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

多くの葬儀社が自社の資料を準備しています

多くの葬儀社は自社の葬儀資料を準備しており、ご希望の方に無料で配布しております。「体調を崩して入院した・・・」「余命宣告されてしまった・・・」といった場合や、「そろそろ葬儀のことを考えておこう・・・」という方には大変便利なものです。しかし、家族には内緒で資料を請求している方も多く、資料請求後の葬儀社からの電話に困ってしまう方もたくさんいらっしゃいます。

資料請求後にしつこい営業をする葬儀社もございます

葬儀の資料請求をすると、その後に何度も葬儀社から連絡が入ることがございます。家族に内緒で請求された方にとっては、その連絡で知られてしまうこともございますので困ってしまう場合がございます。また、体調を崩した本人に知られてしまうことは、どうしても避けたいことになります。葬儀社から連絡をされたくない場合には、連絡先を教える前に営業の連絡をしないことの約束をしてもらいましょう。

後からの営業を避けたい場合はしっかりと断りましょう

資料請求後の葬儀社からの営業が困る場合には、請求する前に葬儀社にその旨を伝えておきましょう。もし、そういった意向に理解を得られなかったり、説得をされそうになった場合は、その葬儀社はやめておいた方が良いでしょう。お客様の状況を理解しようとせず、葬儀社側の都合を優先する葬儀社は、葬儀の施行もお客様優先には考えられません。営業を断る場合は、電話番号等を伝える前に確認しておいた方が良いでしょう。

弊社は資料請求後の営業は一切行いません

弊社は資料を請求されたお客様に、後からのしつこい営業は一切行っておりません。「家族には内緒で請求している・・・」「とりあえず資料を見てから・・・」といった方は多く、葬儀社からのしつこい営業はお客様にとって大きな負担になることも多いからです。また、ご希望のお客様には、葬儀社の資料が入っていることがわからないように、社名の入っていない無地の封筒でお送りすることも可能です。葬儀の事前準備は大切なことです。しかし、葬儀社の後からの対応が心配で資料の請求をためらってしまうことはお客様にとって大きな損失になりますので、そのようなことがないよう対応させて頂いております。弊社は「流山市の家族葬」「柏市の家族葬」「野田市の家族葬」を得意とする地域密着型の葬儀社です。お客様のことを第一に考え、上質な安い家族葬をご提供しております。資料も相談も無料で対応しておりますので安心してお任せください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加