家族葬

ドライアイスの当て方で葬儀社の経験がわかります

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

故人様を自宅に安置する場合にはドライアイスを使用します

病院等で亡くなると、まずご遺体をご自宅に搬送し安置するか、葬儀社の霊安室に安置するかの選択を行います。葬儀社の霊安室の場合は大きな冷蔵庫のような保冷室で安置をされますが、ご自宅の場合は布団にお寝かせしますのでドライアイスを使用しお体を冷やします。故人様のお体の状態の変化を遅らせるためにドライアイス等で冷やすことは重要なことになります。

冷気は下へいきます

暖かい空気は上昇し、冷たい空気は下降します。ドライアイスの冷気も同様、下へいきますので基本的にはドライアイスは故人様のお体の上にのせることになります。例外として、腹水がたまっている場合等には脇にあてることもございます。

基本は腹部を冷やします

お体の状態で変化が早い部分はお腹のあたり、内臓部分になりますので、通常は腹部を中心にドライアイスをあてて冷やしていきます。葬儀までの日数や故人様のお体の状況により、お顔近くにドライアイスをあてて冷やすこともございます。

関節部分にはドライアイスはあてません

故人様の手首や肩等の関節部分には基本的にはドライアイスをあてません。関節部分にドライアイスをあててしまうと関節が固まってしまい、故人様のお着替えや旅支度、納棺に支障が出てしまうことがございます。ドライアイスは腹部に当てることが基本で、手はお腹の上で組むことが多く、どうしても手首の近くにドライアイスをあてることになりますので、通常は手首にタオル等を撒き冷えすぎないように保護します。

ドライアイスは故人様のお体の状態を見ながらあてる位置を調整します

基本的にはドライアイスの冷気は下に行くので故人様の体の上にのせます。腹部から変化が生じるのでお腹の上にドライアイスをあてることが多くなります。関節部分にあててしまうと固まって動かなくなってしまうのであてないようにします。しかし、これらはあくまで基本であって、必ずそのようにしていれば良いというものではございません。故人様のお体の変化に合わせて変えていかなければいけません。例えば、お顔色の変化が心配な場合にお顔の近くにドライアイスをおくこともございます。しかし、そればかり気にしてしまって肩の部分を冷やし過ぎて固めてしまっては、後々支障が出てきます。また、冷やし過ぎて凍結してしまうと、凍結による色の変化もございます。葬儀社には状況に応じた対処が必要になってきます。

弊社のスタッフは経験豊富な葬祭ディレクターばかりです

弊社は「流山市の家族葬」「柏市の家族葬」「野田市の家族葬」を得意とする葬儀社です。弊社のスタッフは一つ一つの葬儀に対し誠心誠意向き合いお手伝いをしておりますので、ただ経験年数が多いだけの経験ではなく、しっかりとした経験と知識を積み重ねております。ドライアイスの処置一つをとっても、他の葬儀社に負けない知識があると自負しております。流山市や柏市や野田市で安い家族葬をお考えなら安心して弊社にお任せください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加