家族葬

葬儀社の遺体安置施設はいろいろなタイプがあります

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

葬儀社の安置施設は全て同じではありません

故人様を自宅へ安置できない場合は葬儀社の遺体安置施設に一時的に安置することとなります。多くの葬儀社は遺体を自宅へ安置できないお客様のために安置できる施設を用意しておりますが、安置方法は葬儀社によってさまざまです。葬儀社の遺体安置施設に安置してから「こんなところに安置されるのはかわいそう・・・」「無理してでも自宅に安置すれば良かった・・・」といった後悔をされないためにも、どのような遺体安置施設なのかを事前によく確認した方が良いでしょう。

故人様を自宅に安置できない理由

家に誰も住んでいない

故人様が一人暮らしだった場合に、自宅へ搬送して安置しても誰も一緒にいることができないという状況もあります。ご子息が近隣にお住まいならば対応できることもありますが、遠方にお住まいで自宅に安置しても泊まって付き添うことができないこともあります。誰もいない自宅に安置するよりかは葬儀社の遺体安置施設に預けるという選択をされる方がいらっしゃいます。

安置する部屋がない

入院生活が長いと、自宅の掃除まで手が回らずに片付けができていないということもございます。そのような場合に、「自宅に搬送しても安置できる部屋がない・・・」「部屋を片付けてからでないと安置するスペースがない・・・」といったこともあります。そのようなことから葬儀社の遺体安置施設に故人様を預けるという選択をされる方がいらっしゃいます。また、この場合は自宅の片付けが終わった後に改めて自宅へ搬送することもございます。

近所の方に知られたくない

近所の方には「葬儀が終わるまでは知らせたくない・・・」「家族葬が終わってから亡くなったことの報告をしたい・・・」と希望される方もいます。自宅に安置をすれば近所の方は必ず気付きますので、「まだ知られたくない・・・」という方は葬儀社の遺体安置施設に故人様を預けるという選択もあります。「家族葬で行いたいから・・・」といった理由だけであれば、最近ではそのように連絡をすれば近所の方にもご理解を頂けることが多くなりましたので自宅に故人様を安置しても差支えないことが多くなりました。ただし、死因等の特別な事情があって「まだ知られたくない・・・」という場合には葬儀社の遺体安置所の利用が良いかもしれません。

自宅に人を入れたくない

故人様を自宅へ安置すると、必ず近所の方や友人、知人がお線香をあげに来られます。さまざまな事情により、その対応が難しいという場合等は葬儀社の遺体安置施設に故人様を預けた方が良いかもしれません。このような「自宅に人を入れたくない・・・」「入れられない・・・」といった考えの方は年々増えてきています。

遺体の状態が悪い

遺体の状態が悪い場合には自宅での安置をお勧めできないこともあります。故人様が亡くなってから数日が経ってしまった場合等は、におい等が出てしまうことがございます。このようなケースでは、近所の方のことを考えると自宅での安置は難しくなってきます。また、このような場合は自宅でのドライアイスでの対応よりも葬儀社の遺体安置所でしっかりと温度管理を行った方が良いということもございます。

遺体の状態が心配

特別、遺体の状態が悪くなくても「葬儀まで日数がある・・・」「夏場で冷房のある部屋に安置ができない・・・」といった状況ですと状態の変化が心配になります。いろいろな対応方法はございますが遺体安置所の温度管理にはかないません。「葬儀の時に顔色が変わってしまわないように・・・」「におい等が出てしまわないように・・・」といった理由で葬儀社の遺体安置所に預ける方もいらっしゃいます。

葬儀社の遺体安置施設

個別の保冷庫タイプ

故人様お一人ずつ入れる保冷庫タイプがあります。棺のように窓がついていて保冷庫から故人様を出さずに対面ができるタイプや、窓がなく対面するときには保冷庫から故人様をお出しするタイプがあります。保冷庫タイプですので夏場でも故人様にとって最適な温度での安置が可能です。

複数名用の保冷庫タイプ

上下で二段になっている等の保冷庫タイプがあります。大きな保冷庫の中に仕切りがあり、複数の故人様を安置します。このタイプの遺体安置所は、故人様と対面する際は一度保冷庫からお出ししてからとなります。外見は大きな業務用冷蔵庫のようなものです。

個別の安置部屋タイプ

遺体安置用の部屋タイプがあります。保冷庫ではなくドライアイスで故人様を冷やしますので、自宅での安置と効果は変わりません。個別になっていますので、いつでも対面ができ、故人様と一緒に宿泊することができるところもございます。

複数名用の安置部屋タイプ

ご遺体安置用の部屋に複数名の故人様を安置する対応があります。保冷庫ではありませんのでドライアイスで故人様を冷やします。複数の故人様を安置している時はカーテンや屏風等で区切って利用します。対面を行う場合は他の方と重ならないように時間をずらしながら行うことが多くなります。

弊社の提携している遺体安置施設

流山市の家族葬」「柏市の家族葬」「野田市の家族葬」を得意としている弊社では、複数名用の保冷庫タイプの遺体安置施設と提携しております。故人様をお預かりする以上は、しっかりした温度管理を第一に考えております。対面の場合は他の方との兼ね合いで時間を調整させて頂くこととなりますが個別保冷庫タイプよりも安い金額で利用することが可能です。安い家族葬をお考えなら安心して弊社にお任せ下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加