家族葬

葬儀社から家族葬の見積もりをとる前に考えておくこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

何も決まっていなければ正確な見積もりはとれません

家族葬の見積もりを葬儀社からもらうときに、何も決まっていない状態では正確な見積もりをとることはできません。「家族葬で行いたい・・・」といことだけしか決まっていない場合ですと、料理や返礼品等の接待費用がどれくらいになるのかという計算ができません。どういった関係の方まで参列されて、おおよその人数等は考えておく必要がございます。

家族葬の見積もりをとる前に考えること

参列者の人数

料理や返礼品等の接待費用は人数によって大きく変わります。「10名の家族葬」と「30名の家族葬」とでは接待費用だけ考えれば3倍の金額の差がございます。「おおよその金額がわかれば良い・・・」という方でも、参列者の人数はある程度考えておいた方が良いでしょう。「料理はいらないから・・・」「返礼品は準備しないから・・・」といった希望の場合でも、参列される方の関係によっては準備した方が良い場合もあります。葬儀社からさまざまなアドバイスを受けながら、なるべく正確な見積もりをもらうためにはおおよその人数は考えておきましょう。

宗教宗派

家族葬といっても、お寺様等の宗教者様をお呼びしての葬儀や宗教者様を呼ばずに行う無宗教葬があります。宗教者様を呼べば「お礼」の金額が発生します。決して安い金額ではありませんし、葬儀社が準備する備品も変わってきます。お付き合いのあるお寺様等がいらっしゃれば、そのお寺様を呼ぶこととなります。しかし「お付き合いのある宗教者様はいない・・・」という場合には、お寺様等の宗教者様を呼ぶのか呼ばないのかはお客様の希望によります。どのような家族葬を行うのかということは考えておいた方が良いでしょう。

家族葬の見積もりを行うときに考えること

祭壇

祭壇には主に白木祭壇と花祭壇がございます。家族葬の場合ですと花祭壇を選ばれる方が多いですが、「白木祭壇が良い・・・」という方もいらっしゃいます。祭壇は家族葬の見積もりで大きな部分を占めますので「祭壇は保留で・・・」という見積もりでは正確な金額は出せません。

葬儀場

家族葬を行う葬儀場でも金額は変わってきます。式場使用料金の差もありますが、式場の造りによって、あった方が良いもの、なくても良いものが変わってきます。参列者の人数等によってもお勧めの葬儀場は変わってきますので葬儀社と相談しながら決定した方が良いでしょう。

弊社は見積もりも相談も無料です

弊社は事前の見積もりも相談も無料で対応しております。葬儀のことは相談をしながら一度に全てを決めることも難しいものです。一度で決めきれない場合、弊社は何度でも無料で見積もりや相談の対応しております。「流山市の家族葬」「柏市の家族葬」「野田市の家族葬」をお考えなら弊社に安心してご相談ください。弊社は地域密着型の安い家族葬専門葬儀社です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加