家族葬

柏市で家族葬を行うなら花祭壇がきれいな葬儀社へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

家族葬は花祭壇で行うことが多いです

家族葬では祭壇の横にお飾りする供花の数も少なくなりがちです。お飾りしたお花を最後に棺に納めますので、白木の祭壇で葬儀を行うと、お別れで使用するお花も限られてしまいます。最近では家族葬を行うお客様の9割以上が花祭壇を選ばれています。

花祭壇は葬儀社によって出来栄えが違います

近年はどこの葬儀社も花祭壇で家族葬を行うことができます。しかし、花祭壇に力を入れている葬儀社と、そうでない葬儀社とでは出来栄えが全く変わってきます。「故人様らしい花祭壇を・・・」「デザインのきれいな花祭壇で・・・」とお考えならば、それを葬儀社の選択の際にも考えなければいけません。規格の花祭壇しか準備ができない葬儀社もあれば、お客様のご要望に合わせた花祭壇を製作できる葬儀社もあります。柏市で家族葬を行うなら、花祭壇が得意な葬儀社に依頼することが大切です。

季節のお花を使用した花祭壇も作成できます

花祭壇を得意とする葬儀社は、使用するお花を「故人が好きだった花で・・・」「季節の花を入れてほしい・・・」といったお客様のご要望にもお答えできます。春であれば「桜の花を・・・」、夏であれば「向日葵の花を・・・」といったような、季節の花を入れることができるのは、お客様を第一に考えている葬儀社であるといえます。祭壇は葬儀の中心的な存在であり、故人様を象徴するような物です。お客様の希望をしっかり聞いてくれる葬儀社に依頼することが納得のいく家族葬を行うためには大切だといえます。

葬儀・告別式の日の花祭壇で葬儀社の想いがわかります

花祭壇はお花で作られている以上、枯れてしまう事がございます。夏場であればお客様もご理解しやすいと思いますが、実は暖房をつける冬場もお花にとっては厳しい環境です。「通夜の時はきれいに咲いていたのに葬儀・告別式の日になったら枯れてしまっている・・・」という事も年間を通してあり得る事です。通常、葬儀社のスタッフは、葬儀・告別式の日の朝は「お花が枯れていないか・・・」「弱っているお花はないか・・・」という事をチェックし、状態が悪ければお客様が集合される前にメンテナンスを行います。しかし、葬儀に対して、お客様に対して想いの弱い葬儀社は、こういったチェックを行わずに枯れたままの花祭壇で葬儀・告別式に臨みます。親戚や友人の方の葬儀・告別式に参列されたときはじっくりと花祭壇を見てみて下さい。任せて安心な葬儀社か、そうでない葬儀社がわかります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加