家族葬

葬儀に供花を贈る場合について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

供花は弔意を表すために贈ります

葬儀の際に弔意を表すために贈るお花を供花といいます。供花は弔意を表す他にも、式場を飾る意味合いもあり、一般的には御名札を付けて祭壇の両脇にお飾りします。供花を出される方は喪主様をはじめ、ご家族やご親族、友人関係や会社関係等、様々で特に決まりはございません。また、遠方で葬儀に参列できない方から贈られるケースも多くございます。

供花の依頼はどこにすればいい?

供花を贈るにあたって、一番確実で安心できる方法は葬儀を引き受けている葬儀社に依頼をすることです。葬儀社であれば、お届けをする式場や日時も把握しておりますし、祭壇の飾りや他の供花とも調和するように飾ることが可能です。そして、手配が遅くなっても極力、通夜や葬儀に間に合うように手配をしてもらえます。葬儀社以外で注文をする方法としてはインターネットを利用して注文をする方法や、知り合い等のお花屋さんに注文をする方法等がございます。しかし、葬儀社や葬儀場によっては他のお花屋さんからの供花はお飾りができない場合もございますので注意が必要です。また、ご家族の意向により供花を辞退されているケースや祭壇に組み込むケース等もあり、供花が届くことでご家族様が戸惑ってしまうこともございます。葬儀社以外に供花の依頼をされる場合は、事前に確認をすることをお勧めいたします。

御名札に入れる名前は正確にお伝えください

供花を出して頂いた方の御名札の字を間違えてしまわないように、葬儀社は供花の依頼を受けると御名札の字の確認を行います。例えば、高橋様や高木様、高野様等の「高」の字は、「髙」という字を使用することもございます。山崎様や藤崎様、松崎様等の「崎」の字は、「﨑」や「嵜」という字を使用することもございます。渡辺様や戸辺様等の「辺」の字は、「邊」や「邉」等、いくつもの種類がございます。ご本人からのご依頼の場合には間違うことはあまりございませんが、代理で依頼される方は御名札の字を間違わないためにも正確な字を把握し、しっかりとお伝えください。

経験豊富な葬儀社にご相談ください

「供花を贈りたいけどどこに注文したらよいかわからない・・・」「他の方の供花に見劣りしないお花を贈りたい・・・」「供花を贈ってよいものかご家族には聞きづらい・・・」等の供花を贈る方からもお問い合わせを頂くことがございます。弊社は「流山市の家族葬」「柏市の家族葬」「野田市の家族葬」を得意とする葬儀社です。弊社では供花を贈られる方やご参列される方のお悩みにもしっかりと対応をさせて頂いております。流山市や柏市や野田市で安い家族葬をお考えなら安心して地元葬儀社の弊社にお任せください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加