家族葬

葬儀の形態と特徴

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

通夜と葬儀を行う形態

通夜と葬儀を行う従来からの一般的な葬儀形態です。流山市や柏市や野田市の周辺では、友人関係や会社関係等の一般会葬者は通夜に参列されることが多く、葬儀は家族や親族が中心となります。近年では家族葬を行う方が増えており、一般の方の参列をご遠慮頂き、家族と親族のみで通夜と葬儀を行うことも増えております。

1日で葬儀を行う形態

一日葬と呼ばれている形態で、「通夜と葬儀の2日間参列してもらうのは大変・・・」「葬儀はシンプルに行いたい・・・」「費用を抑えて葬儀を行いたい・・・」といった場合に選ばれている葬儀形態です。通夜と葬儀を行う形態との違いは“通夜を行わない”という部分のみになります。一般の会葬者を呼ばない家族葬向けの形態で近年は増加傾向にあります。ただし、菩提寺様がいらっしゃる場合で一日葬を希望する際には、後々のトラブルを避けるためにも、必ず菩提寺様と相談し了承を頂くことが必要です。

火葬のみを行う形態

宗教的な儀式や式場を使ってのお別れ等はせずに、火葬だけを行う最もシンプルで葬儀費用が抑えられる形態です。一般的には直葬と呼ばれています。「なるべくシンプルに行いたい・・・」「葬儀にお金をかけられない・・・」等の希望や事情がある方、信仰している宗教等、直葬を選ばれる方の理由は様々です。近年は希望される方が増加傾向にありますが「なんとなくお金をかけたくないから・・・」「最近よく聞く形態だから・・・」「故人が直葬でよいと言っていたから・・・」といった安易な考えで希望される方も多く、明確な理由がない場合には、直葬で行ったことを後悔されたり、故人様の死をいつまでも受け入れられなかったりといったケースも見受けられます。また、一日葬の場合と同じで、菩提寺様がいらっしゃる方で直葬を希望される際には、事前に菩提寺様と相談し了承を頂くことが必要になります。

家族葬ならお任せください

弊社は「流山市の家族葬」「柏市の家族葬」「野田市の家族葬」を得意とする葬儀社です。葬儀には様々な形態があり、故人様やご家族様の状況やお立場によって、お勧めできる葬儀形態とお勧めできない葬儀形態がございます。最終的にお決め頂くのはご家族様ですが、弊社では葬儀が終わった後にトラブルになってしまったり後悔が残ってしまったりすることがないように適切なアドバイスをさせて頂いております。例えば、直葬を行い、終わってから菩提寺様に相談をすると“納骨をさせてもらえない”というトラブルになることがございます。弊社では直葬を希望される方には必ず菩提寺様の有無を確認し、必要な情報提供とアドバイスをさせて頂いております。また、「故人が直葬を希望していた・・・」といった場合には、希望された理由が重要になり、大きく分けると2通りの理由があります。1つ目は故人様が宗教儀礼に価値を感じず本当の意味で直葬を希望しているケース。この場合は、ご家族様も同じ考えで納得の上であれば何の問題もないでしょう。2つ目は「残った家族に迷惑を掛けたくないから・・・」といった理由で直葬を希望するケース。このケースでは、故人様は本当の意味で直葬を希望しているのではなく、ご家族様に迷惑を掛けないことを希望しています。そして、その多くは費用に関してです。この場合は、終わった後にご家族様が直葬で行ったことを後悔したり、故人様の死を受け入れられなかったりといったことが多く生じます。葬儀は故人様のためでもあり、残されたご家族様のためでもあります。残されたご家族様が悔いのないように葬儀を行わなければ、本当の意味で“迷惑を掛けない”ということにはなりません。葬儀費用に心配があり、流山市や柏市や野田市で安い家族葬をお考えでしたら安心して弊社にお任せください。弊社は地域最安値を目指しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加