家族葬

夏場の葬儀に参列する際の服装について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

葬儀では季節に関わらず正装が基本です

葬儀に参列される際の服装は、基本的に季節によって大きく変わることはございません。夏場の暑い時期での葬儀の際、「上着は着ないといけないの・・・?」「半袖のワンピースでは失礼なの・・・?」等の質問が多くございますが、葬儀の場では故人やご遺族に対して失礼のないよう正装で参列することがマナーとなります。

男性の正装

服装

黒の礼服が望ましいですが、ブラックフォーマルのスーツでも可能です。葬儀場に到着するまでは上着を脱いでいても、式場に入る際には上着を着用するようにします。

シャツ

白の無地のものを着用します。正式には長袖ですが、夏場であれば半袖でも構いません。

ネクタイ

黒の無地のものを着用します。光沢のある生地は好ましくありません。

靴下

黒のものを着用します。くるぶしが出てしまうような短い靴下は好ましくありません。

黒の革靴を着用します。光沢のある素材のものは好ましくありません。

女性の正装

服装

黒の礼服を着用します。長袖のアンサンブルやワンピース等が基本です。アンサンブルは、中のワンピースが半袖のものもありますので「夏場は半袖のワンピースだけでも良い」という見方もございますが、「肌の露出はなるべく抑えた方が良い」といわれておりますので半袖での参列は控えた方が良いでしょう。

ストッキング

黒のものを着用します。光沢のある生地は好ましくありません。

黒のパンプスが基本です。パンプスでも、つま先が出ているデザインのものやサンダル、光沢のある素材のものは好ましくありません。

化粧

薄化粧が基本です。色の鮮やかな口紅やチーク等は好ましくありません。また、香りの強い香水も避けるようにしましょう。

アクセサリー

結婚指輪以外は身につけないことが基本です。身につける場合には、真珠の一連のものに留め、色は白か黒、グレーが好ましいでしょう。

子供の正装

服装

学校指定の制服がある場合には季節に合わせた制服が基本です。制服がない場合、男の子であれば黒や紺、グレー等の色のブレザーとズボンに白いシャツが好ましく、女の子であれば同じく黒や紺、グレー等のブレザーとスカートに白いブラウスが好ましいでしょう。幼児の場合でも、派手な色味のものやカジュアルな服装は避け、黒や白、グレー等の無地のシャツにズボンやスカートが好ましいでしょう。

可能であれば黒の革靴が基本ですが、ない場合や難しい場合には白や紺、黒のスニーカーでも問題ありません。

“礼を欠かさない”ということを心掛けましょう

葬儀に参列する際の服装や身だしなみは、故人やご遺族の方に対して礼を欠かさないようにすることが大切です。弊社は「流山市の家族葬」「柏市の家族葬」「野田市の家族葬」を得意とする葬儀社です。葬儀のご参列に際しての不明点やご不安なこと等がございましたら、お気軽にご相談下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加