家族葬

葬儀における心付け

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

心付けとは

葬儀の際に受付や配膳等のお手伝いを頂いた方やお世話になった方々へお礼としてお渡しするものに心付けがございます。昔は葬儀の風習として、火葬場の火夫や霊柩車の運転手、葬儀に関わったスタッフ等へも渡すものとされてきましたが、近年では徐々にその風習は薄れてきております。理由として考えられることは、家族や親戚のみで行う家族葬が増加してきたことにより、従来のように受付を設けることが減ってきたり、料理の配膳は葬儀社のスタッフが行うことで心付けを渡す必要性がなくなったりしたことが挙げられます。しかし、従来のように受付を近所の方や会社関係等の一般の方にお願いする際はお渡しした方が良いでしょう。

自治会等では金額が決まっている場合もございます

受付や配膳のお手伝いをお住まいの自治会の方々にお願いをする場合がございますが、この場合は心付けをお渡しした方が良いでしょう。金額の相場は1日に付き3000円から5000円くらいが相場とされていますが、地域によっては自治会の規定で予め金額等が決められている場合もございます。自治会の方にお願いする際に確認されると良いでしょう。

心付けの受け取りが禁止されている方もいます

昔は火葬場の火夫に心付けをお渡しする習慣がございましたが、流山市や柏市、野田市の方が主に利用するウイングホール柏斎場や野田市斎場、野田市関宿斎場等の公営の斎場では職員の方々の心付けの受け取りは禁止されております。お客様にお渡ししたいお気持ちがある場合でも規則により受け取りができせん。ただし、都内等にある民間の斎場では、このような規則はございませんので、心付けをお渡しすることが多いようです。

弊社では打合せの際に心付けに関する説明も行います

弊社は「流山市の家族葬」「柏市の家族葬」「野田市の家族葬」を得意とする葬儀社です。数多くの葬儀のお手伝いをさせて頂いている中で、心付けについてのご質問をお受けすることも少なくありません。心付けに関しては葬儀の形態や地域の習慣等によって状況が異なるため、必ず必要になるものとは言い切れませんし、不要なものと言い切ることもできません。葬儀の形態によってはご用意して頂いた方が良いケースもございますので、お客様が迷ってしまうことがないように弊社では葬儀の打合せの際に心付けに関するアドバイスもさせて頂いております。流山市や柏市や野田市で安い家族葬をお考えでしたら安心して弊社にお任せください。弊社の葬祭ディレクターが細かいところまでしっかりと説明とアドバイスをさせて頂きます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加