お墓

墓地(霊園)について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

墓地には様々な種類と特徴があります

お墓は亡くなった方の遺骨を埋葬し、供養するための大切な場所ですが、ご身内に不幸があって初めて購入をするという方も少なくないかと思います。お墓を購入するということは一生に一度あるかどうかではないでしょうか。それだけに、お墓を選ぶにあたっては何を基準に考えれば良いかわからない場合も多いでしょう。お墓は一般的に墓地や霊園と呼ばれる場所に建立をしますが、墓地や霊園には様々な種類があり、それぞれに特徴があります。これからお墓の購入をお考えになる方は、まずはその種類と特徴をしっかりと把握し、ご自分の希望にあうお墓を選ばれると良いでしょう。

お墓の種類と特徴

民営墓地(霊園)

基本的には宗教上の制約がなく、宗旨宗派を問わず、どなたでも購入できる墓地です。墓地全体の造りが洋風であったり和風であったり、お花や緑で囲まれている等、それぞれに特色を持っているところが多く、法要や会食ができる施設がある等、設備が充実しているところも多くあります。霊園ごとにルールが異なりますので、購入前に、しっかりと確認する必要があります。

寺院墓地(霊園)

お寺の敷地内にある墓地です。寺院墓地を購入するということは、そのお寺の檀家になることを意味します。檀家はお寺の活動への参加やお布施等の寄付が必要とされることがありますが、ご自身の宗旨宗派で手厚く供養して頂くことができます。葬儀や法要等の仏事に関してのお勤めは、そのお寺に依頼することになります。

公営墓地(霊園)

地方自治体が運営をしている墓地です。公営墓地は民営墓地や寺院墓地と比べると永代使用料等の費用が比較的安価で、宗旨宗派も問わないため人気がありますが、購入は公募となります。応募者が多い場合には抽選となるため、希望通りの区画や場所が購入できるとは限りません。また、応募に際しても居住地や居住年数等に決まりがある場合や、生前の購入ができない等の制限があることがあります。

合葬墓(合同墓)

複数の方の遺骨を一つのお墓に納め、供養する形式の墓地です。個別のお墓を建立する場合と比べると、必要な費用を大きく抑えることができますが、多くの合同墓は一度埋葬した遺骨は後で取り出して引き取ることはできませんので注意が必要です。「お墓の費用を抑えたい・・・」「子供がいないので今後お墓を守る人がいない・・・」等の希望や事情がある方々に選ばれています。

希望にあった墓地選びをお手伝い致します

弊社は「流山市の家族葬」「柏市の家族葬」「野田市の家族葬」を得意とする葬儀社です。墓地を購入するにあたっては、墓地の種類の他にも、ご予算や立地条件等のポイントとなる点がございます。弊社では葬儀が終わった後も、墓地に関する相談を無料で対応させて頂いております。流山市や柏市や野田市で安い家族葬をお考えでしたら安心して弊社にお任せください。葬儀終了後も、お墓の相談やアドバイス、ご紹介等もしっかりとお手伝いさせて頂きます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加