お墓

お墓に関する費用について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お墓にかかる費用

お墓にかかる費用は大きく分けると永代使用料や墓石代、管理費があります。永代使用料と墓石代はお墓を建てる際に必要な購入費用として、管理費はお墓を建てた後の維持管理としてかかる費用です。お墓を購入するにあたっては、お墓を建てて維持するのに、どのくらいの費用が必要なのかを予め把握しておくことが大切です。

費用の内容

永代使用料

永代使用料はお墓の土地代と考えるとわかりやすいでしょう。基本的にお墓を建てるための土地は、土地そのものを購入するのではなく、土地を使用する権利を購入することになります。その権利を得るための費用が永代使用料です。永代使用料は、同じ霊園内でも区画の広さや場所によって異なってきます。また、霊園の種類や立地によっても大きく異なり、公営霊園に比べると民間霊園の方が割高で、都市部に近い霊園や交通の便が良い霊園等も割高になる傾向があります。

墓石代

聖機材費用と加工費用、工事費用を合わせた費用が墓石代です。永代使用料は使用場所によって決められていますが、墓石代は購入する方それぞれの希望や要望で大きく変動します。お墓は「○○家之墓」等の文字が彫られた棹石と呼ばれる石碑を中心に、香炉や花立、水鉢等を配置することが一般的で、その他にもお墓の外柵や戒名や命日を刻む墓誌、塔婆立てや燈籠等を配することもあります。お墓の種類やデザイン、装飾品の有無等によって墓石代は大きく変わってます。また、墓石代はお墓の購入費用の中で大きな割合を占めますが、墓石代の中で最も大きく変動する費用が石材費用です。石材の種類や銘柄は数百種あるといわれていて、硬度が高く、吸水率の低い耐久性に優れた石材がお墓には適しており、費用も高額になっていきます。この他、見た目の美しさや色、模様等も石材の種類によって異なり、数十万円のものから数千万円するものまであります。お墓全体で使用する石材が多ければ多いほど費用は高額になりますし、同じように見えるお墓でも、使用している石材の種類によって費用は大きく異なります。

管理費

管理費は墓地を管理、維持するための費用として墓地の使用者が霊園や寺院に支払う費用です。一般的には年間管理費として1年分、3年分、5年分等をまとめて支払うことが多いようです。清掃が行き届き、法要施設等の設備が整っている場所が多い民営霊園は、公営霊園に比べると高く設定されている傾向にあります。管理費は永代使用料を支払い、使用権を得た時点から発生することが多く、その場合はお墓を建てていない更地の状態でも支払う必要があります。

お墓の相談もお任せください

弊社は「流山市の家族葬」「柏市の家族葬」「野田市の家族葬」を得意とする葬儀社です。弊社ではお墓の購入をお考えの方へのサポートも無料で行っております。「自宅から近いお墓を探したい・・・」「なるべく安価で購入したい・・・」「後継ぎがいなくても大丈夫なお墓を探している・・・」等、お墓に関する希望は人それぞれです。弊社では流山市や柏市、野田市を中心に霊園のご紹介もしております。流山市や柏市や野田市で安い家族葬をお考えなら安心して弊社にお任せください。葬儀だけでなく、お墓に関する相談もしっかりと対応させて頂きます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加