お墓

墓じまいについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

墓じまいとは

現在あるお墓から遺骨を取り出し、墓石を撤去してお墓を更地に戻すことを墓じまいと呼ばれています。墓じまいにはお墓を移転する改葬の要素も含まれますが、改葬が“お墓の引越し”を目的としているのに対し、墓じまいは最終的に“お墓を無くし処分すること”を目的として行われるものを指します。墓じまいを行う理由としては「お墓を守る継承者がいない・・・」「お墓参りやお墓の維持が難しくなった・・・」等が多いようです。お墓は従来、先祖代々家族が引き継いで守っていくことが前提となっていましたが、核家族化や少子化、生活スタイルの変化等に伴い、お墓を引き継いで守っていくことが難しくなっているという背景もあります。お墓は管理維持する人がいなくなれば、いずれは無縁墓となってしまいます。そのような事態を招かないためにも、きちんと整理することも供養のひとつと考え墓じまいを決断される方もいらっしゃいます。

墓じまいにかかる費用

墓じまいを行う場合は墓地を更地にして墓地管理者に変換することが基本です。お墓を更地に戻すには墓石の解体撤去の費用、撤去した墓石の処分費用等がかかります。これらの費用はお墓の規模や形状、立地等によっても異なりますので、石材店に相談して見積もりを出してもらい費用を明確にしておくと良いでしょう。また、寺院や霊園によっては工事を請け負える石材店が決まっている場合もありますので予め確認しておくことが必要です。尚、お墓が菩提寺にある場合等は、これまでご供養して頂いたお寺様に対してお布施が必要な場合もあります。

墓じまいした後の遺骨について

お墓から取り出した遺骨については、お墓の継承者を必要としない永代供養墓に納める方もいれば、自宅に持ち帰って手元で供養をする方、遺骨を粉末状にして散骨をする方等様々です。墓じまいは墓地の所有者一人だけの問題ではなく、家族や親族も関係することです。墓じまいを行うことやその後の遺骨の所在に関すること等は、後に親族間でトラブルにならないように事前に相談をして了承を得ておくと良いでしょう。

お墓に関するお悩みもご相談ください

弊社は「流山市の家族葬」「柏市の家族葬」「野田市の家族葬」を得意とする葬儀社です。ご葬儀をお手伝いさせて頂いたご家族や、事前に相談にいらした方等から「遠方にあるお墓を今後どうしたら良いか・・・?」「子供がいないので自分たちのお墓はどうしようか・・・」等のお話を伺うことがございます。近年はお墓の形態も多様化し、お墓に関する悩みを抱えている方も少なくありません。弊社では葬儀の相談はもちろんですが、お墓に関する相談も無料で承っております。ご先祖様のお墓のこと、ご自身のお墓のこと等でお悩みの際にはお気軽に弊社にご相談ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加