家族葬

葬儀の親族代表挨拶

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

葬儀では親族代表挨拶がございます

葬儀では参列者に向けて、親族の代表者様からのご挨拶を行う場面がございます。一般的には通夜のときには行わずに、葬儀の日に行います。お寺様等のお勤めが終わり、故人様とのお別れであるお花入れの前に行うか、お花入れの後に行うことが多いです。また、火葬中、もしくは収骨後に振る舞う食事の前にも献杯等と一緒に行います。喪主様が行うことが多いですが、喪主挨拶ではなく親族代表挨拶ですので、喪主様が難しい場合には変わりの方が挨拶を行います。

挨拶は暗記せずに紙を見ながらでも大丈夫です

挨拶をされるときに暗記しようと必死になられる方がいらっしゃいますが、書き留めた紙を見ながらご挨拶をされても問題ございません。出棺前は冷静でいられることも少ないので、暗記していたとしても、書き留めた紙は持っていた方が良いでしょう。

挨拶例

出棺前の親族代表挨拶

親族を代表し皆様にご挨拶申し上げます。本日はお忙しいところ、亡き○○の葬儀にご会葬頂き誠にありがとうございます。お陰をもちまして葬儀を無事に済ませることができました。生前、故人が一方ならぬご厚情を賜りましたこと、あわせてお礼申し上げます。なお、残されました私どもに対しまして今後とも故人生前同様と変わりなきご指導を賜りますようお願い申し上げます。簡単ではございますが、ひとことご挨拶申し上げ、お礼に代えさせて頂きます。本日は誠にありがとうございました。

献杯の発声

本日はお忙しいところ長時間にわたりお付き合い頂き誠にありがとうございます。故人もさぞ喜んでいる事と存じます。ささやかではございますが御膳の用意をさせて頂きました。故人を偲びお召し上がり下さい。本日は誠にありがとうございました。それではご唱和下さい。献杯。

弊社は事前に挨拶の雛形をお渡ししています

弊社は「流山市の家族葬柏市の家族葬」「野田市の家族葬」を得意とする地域密着型の地元葬儀社です。弊社では、ご家族様の負担を少しでも少なくできるように親族代表の挨拶や献杯の発声の雛形を事前にお渡ししご説明をさせて頂いております。出棺前の親族代表挨拶は基本的に三つの事柄を入れます。一つ目は生前お世話になったことへのお礼です。二つ目は葬儀に参列して頂いたことへのお礼です。そして、三つ目は今後ともよろしくお願いしますという内容です。この他、故人様との思い出や闘病の報告等は任意になります。流山市や柏市や野田市で安い家族葬をお考えでしたら弊社に安心してお任せ下さい。ご家族様を誠心誠意サポートさせて頂きます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加