家族葬

葬儀場の種類と選び方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

公営斎場と民営斎場

葬儀式場には様々なタイプがあり、大きく分けると公営斎場と民営斎場がございます。公営斎場は自治体が運営する斎場で、その地域に住民登録されている方が安い市民料金でご利用でき、どこの葬儀社でも使用することができます。弊社の近隣ではウイングホール柏斎場や野田市斎場、野田市関宿斎場等がそれにあたります。市民の方々に多く利用されていますが、その分、混雑をしていることも多く、葬儀まで一週間程度お待ち頂くケースもみられます。一方、民営斎場は民間の企業が運営する斎場で、葬儀社が運営する自社式場と、どこの葬儀社でも使用することができる貸式場があります。自社式場の場合は、他の葬儀社に貸し出しをすることは少なく、他の葬儀社がその式場を使用して葬儀を行うことはできません。また、寺院等の宗教施設で葬儀を行うこともございますが、この場合はそのお寺の檀家に限る等の条件がある場合が多いようです。

葬儀式場によってできないこともあります

各葬儀式場にはルールや決まりがありますので、どこの葬儀場でも同じようにできるとは限りません。例えば、公営斎場はご遺体を式場にお連れする場合、故人様をお棺にご納棺してからでないとお連れできません。そのため、通夜や葬儀の前に式場内にてご納棺を希望される場合は公営斎場では行えません。また、式場内の装飾に関することや共有スペースの利用方法等にも様々な決まりがあります。一方、民間の斎場は公営の斎場に比べて制約が少ないことが多く比較的自由な葬儀形態で行うことができます。

選ぶポイントはどこ?

式場を選ばれる際のポイントとして、使用料等の費用面や宿泊設備等の設備面、最寄駅や駐車場等の立地面、式場の広さ等が挙げられます。「なるべく早く葬儀を行いたい・・・」といった場合は、空いている式場を選ぶということもございますが、「宿泊設備がないと・・・」等の外せない要望があるときは、しっかりと葬儀社に伝えた上でアドバイスをもらい決定していくことが重要です。

弊社はご家族様の要望と状況に合わせて最適な式場をご提案致します

弊社は「流山市の家族葬」「柏市の家族葬」「野田市の家族葬」を得意とする地域密着型の葬儀社です。近隣の公営斎場はもちろん、家族葬専用の自社式場があり、民間斎場についても豊富な知識と施行経験を持っており、提携の貸式場も多数ございます。弊社では経験豊富な葬祭ディレクターが、ご家族様の要望を伺い、その式場を利用する場合のメリットやデメリット、費用や日程、葬儀形態等を考慮し、最適な式場をご提案しております。流山市や柏市や野田市で安い家族葬をお考えなら安心して弊社にお任せください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加