仏事

お彼岸のこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お彼岸とは

お彼岸とはサンスクリット語の波羅密多からきているといわれており、六波羅蜜を修行することによって浄土の世界に行くことができるようになるというものです。六波羅蜜とは布施波羅蜜(布施をする)、持戒波羅蜜(戒律を持って生きる)、忍辱波羅蜜(耐え忍ぶ)、精進波羅蜜(努力)、禅定波羅蜜(座禅をする)、智恵波羅蜜(五つの波羅蜜で身に付く知恵)のことをいいます。仏事ではありますが、お彼岸は日本独自の風習であり、同じ仏教国のインド等では行われていない行事です。

お彼岸は一年に二回ございます

お彼岸は春と秋、一年に二回ございます。春彼岸は春分の日を中日として前後の三日間を含めた七日間で、秋彼岸は秋分の日を中日として前後の三日間を含めた七日間です。春分の日と秋分の日は、その年によって日にちが変わります。春分の日はおおむね3月21日頃で、秋分の日はおおむね9月23日頃となります。

お彼岸はご先祖様を供養する日です

仏教の教えでは死の世界(悟りの世界)を彼岸といい、西の方角にあるといわれています。また、人の住む世界を此岸といい、東の方角にあるといわれています。春分の日や秋分の日は昼と夜の長さが同じで、太陽が真東からのぼり真西にしずむことから「彼岸と此岸が最も通じやすくなる日・・・」と考えられていて、先祖供養を行う日となりました。一般的にはお墓詣りにいき先祖供養を行います。

平成29年のお彼岸は

平成29年の春彼岸は3月17日が彼岸入り、3月20日が中日、3月23日が彼岸明けとなります。秋彼岸は9月20日が彼岸入り、9月23日が中日、9月26日が彼岸明けとなります。お彼岸の初日を彼岸入りといい、最終日を彼岸明けといいます。

仏事のことなら何でもご相談ください

弊社は「流山市の家族葬」「柏市の家族葬」「野田市の家族葬」を得意とする地域密着型の葬儀社です。経験豊富な葬祭ディレクターとグリーフケアアドバイザーが多数在籍しており、お盆やお彼岸等の仏事に関する知識も豊富にございます。弊社では、葬儀が終わった後でも仏事のことや供養のこと、手続きのこと等、何でも無料で相談に応じております。また、地域密着型の地元葬儀社ですので、流山市や柏市や野田市の地域ならではの風習や慣習も熟知しており、お住まいに合わせた適切なアドバイスが可能です。流山市や柏市や野田市で安い家族葬をお考えなら、葬儀が終わった後のサポートも充実している弊社に安心してお任せください。誠心誠意お手伝いをさせて頂きます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加