家族葬

家族葬をお勧めしないこともございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

家族葬専門の葬儀社だからこそデメリットもご説明致します

家族葬の多くは、家族や親族等の近親者のみで執り行い、会社関係やご近所の方等、一般の方々の弔問をご遠慮頂く葬儀形態となります。一般の方々の弔問をご遠慮頂く家族葬は、全ての方の葬儀に向いているとは言い切れません。実際、葬儀の相談をさせて頂く中で「家族葬での対応は難しいのではないか・・・」「家族葬で行わない方がご家族様にとって良いのではないか・・・?」と感じることもございます。葬儀における全ての決定権はご家族様にございますので、葬儀社が葬儀の内容を勝手に決めるようなことはあってはなりません。しかし、多くの家族葬をお手伝いをさせて頂いた経験から、ご提案やアドバイスをさせて頂くことがございます。家族葬のメリットやデメリットを理解している家族葬専門葬儀社だからこそ、あえて家族葬をお勧めしないということもあります。

交際範囲が広く深いお付き合いをされていた場合は家族葬をお勧めしません

地域の活動に積極的に参加されていた方や、現役でお仕事をされていた方等、交際範囲が広かった方が亡くなった場合はご弔問に来られる人数が多いと予想されます。このような場合、家族葬で行う旨をお伝えすることで葬儀への参列はご遠慮頂けますが、後日、ご自宅に多くの弔問客が来られるケースがみられます。弔問客への対応は、ご家族が個別に行うことになり、葬儀が終わってお疲れがある中で、弔問客の対応に追われてしまうということがございます。また、葬儀に参列できず、最後のお別れができなかったことで、生前お付き合いのあった方々に不義理をしてしまう可能性もあります。特に、古くからお付き合いのある方や、何世代にもわたって同じ土地にお住まいの方々等は、ご家族やご親族とよく相談をされることをお勧め致します。

ご家族の思いを第一に考えてご提案やアドバイスを致します。

家族葬で行うかどうかについては一概にどちらが良くてどちらが悪いと判断できるものではございません。大切なことは葬儀終了後に「家族葬で行ったが一般の方々も呼べばよかった・・・」「一般の方々はお呼びしないで家族葬で行えばよかった・・・」といった後悔がないように事前にしっかりと考え相談をすることです。家族葬で行うのならば、しっかりと家族葬のメリットを生かさなければいけません。ただ単に「費用を抑えたい・・・」「人がたくさん来ると大変だから・・・」といった考えや理由だけで家族葬を勧める葬儀社では満足度の高い家族葬を行うことは難しいでしょう。弊社は「流山市の家族葬」「柏市の家族葬」「野田市の家族葬」を得意とする葬儀社です。弊社のスタッフは家族葬のメリットとデメリットをしっかり把握しており、ご家族様の思いを第一に考え、状況に合わせた提案とアドバイスを行うことができます。流山市や柏市や野田市の安い家族葬なら安心して弊社にお任せください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加