家族葬

葬儀保険をご存じですか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

葬儀費用を準備するための保険があります

近年、テレビや新聞等のメディアで終活という言葉を耳にすることが増えてきました。終活とは人生の終わりに向けての活動を意味し、ご自身の人生の終わりの準備をする活動です。ご自身の葬儀に関することや個人的な情報等をご家族に残すために書き留めるエンディングノートはその顕著な例の一つです。そんな中、注目されている終活の一つに葬儀保険がございます。この保険の中には、保険金額が1,000万円以下の少額で、1年から2年と保健期間が短い少額短期保険と呼ばれる新しいタイプの保険もあります。少額短期保険は80歳の方でも新規加入が可能で、月々の保険金額が少額、加入に際して保険会社所定の告知書の提出が必要ですが医師の診断書は不要等、高齢者の方でも比較的加入しやすい保険です。もしもの時に「ご家族に金銭的な負担を掛けたくない・・・」「ご自身の葬儀費用はご自分で準備しておきたい・・・」「葬儀費用の負担を軽減したい・・・」等の様々な思いから加入をお考えになる方が多いようです。

葬儀費用に合わせた保険を選ぶことが重要です

葬儀保険の加入を考える際に大切な事は、葬儀にどれくらいの費用がかかるのかを予め知っておくことです。一口に葬儀費用の準備といっても、その内容は様々です。葬儀には棺や骨壷といった葬儀費用といわれるものから、料理や返礼品等の接待費といわれるもの、宗教者へのお礼等の様々な費用がかかります。また、葬儀が終わった後にも位牌や仏壇、お墓の購入や法事に関する費用等がございます。ご家族様の事情や希望される葬儀の形態によってもかかる費用が変わってきますので、保険に加入する際は、それらの必要な費用を知った上で検討することが重要です。

保険は葬儀の事前相談と合わせてご検討下さい

葬儀保険を検討されるときは、葬儀の事前相談と合わせて考えて頂くことをお勧めします。漠然と「○○万円の保険に加入しておけば足りるかな・・・?」といったお考えで葬儀保険に加入すると、後々「保険金で足りなかった・・・」といったことになってしまうこともございます。事前相談を行い葬儀に関する費用を正しく理解し、どれくらいの費用を準備すれば良いかを知ることで、自分自身にあった保険を選ぶことができるようになります。弊社は「流山市の家族葬」「柏市の家族葬」「野田市の家族葬」を中心にお手伝いをさせて頂いている葬儀社です。弊社ではベル少額短期保険会社の代理店として葬儀保険を取り扱っており、全社員が保険商品を取り扱うために必要な保険募集人資格を取得しております。流山市や柏市や野田市で家族葬をお考えなら、葬儀保険も取り扱っている弊社にご相談ください。負担の少ない家族葬を行うための提案やアドバイスをさせて頂きます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加