家族葬

冬場の葬儀に参列する際の服装

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

季節を問わず正装が基本です

葬儀に参列される際の服装は、基本的に季節によって大きく変わることはなく、故人様やご遺族に対して失礼のないように正装して参列することがマナーです。しかし、冬の葬儀に参列する際には防寒対策も必要になります。寒さを我慢して参列者が体調を崩してしまっては、かえってご遺族に心配をかけてしまいますので、マナーを守りつつ防寒対策を行うようにしましょう。

冬場の葬儀の服装

コートは着て行っても良い?

葬儀式場までコートを着ていくことはマナー違反ではありません。ただし、式場に到着したら受付を行う前にコートを脱ぎ、クロークがある場合にはクロークに預け、「式場までお持ちください」との案内があった場合には式場内に持って入りましょう。コートの色は黒の無地のものが無難ですが、紺やグレー等の落ち着いた色合いのものでもかまいません。素材は光沢のある生地は避け、毛皮や革を使っているものは殺生を連想させるため葬儀で着用することは好ましくありません。また、黒のコートであっても、ファーの付いているものやトレンチコート、ダウンジャケット等はカジュアルな印象を受けるので避けた方が無難といえます。

その他の防寒具について

マフラーや手袋等の防寒具もコートと同様に式場到着まで着用することはマナー違反ではありません。式場に到着したら受付を行う前に外すようにしましょう。女性の喪服はスカートの場合が多いので、寒さに応じて厚めのストッキングを用意すると良いでしょう。タイツは保温性に優れていますが、喪服とのバランスを考えるとカジュアルに見えますので控えた方が無難です。ブーツや長靴は通常であればマナーに反しますが、荒天候や積雪がある場合等、足元が濡れてしまうような場合には落ち着いた色合いのショートブーツ等を履いていった方が良い場合もあります。

服装のマナーは地域性や葬儀式場等によっても異なります

服装についてのマナーはあるものの、冬場の服装は地域や葬儀を行う式場の状況等でその基準は違ってきます。寒さが厳しく積雪の多い地域等では、普通の革靴では歩くことも大変ですし、喪服とコートでは寒さが凌げずダウンジャケット等を着ることもあるでしょう。また、受付や記帳所、参列者のお席が屋外のテント内等に設けられている場合には、御焼香をするまでの間はコートや手袋等を着用していてもマナー違反とはいえないと思います。マナーを知り、それに対して準備することは大切ですが、その時の天候や状況に合わせた防寒対策をしましょう。弊社は「流山市の家族葬」「柏市の家族葬」「野田市の家族葬」を得意とする家族葬専門の葬儀社です。葬儀に参列する際の疑問等もお気軽にご相談ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加