仏事

お盆の時期と準備について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お盆の時期は地域によって異なります

お盆はご先祖様がこの世に帰ってくる時期といわれています。一般的にお盆の時期は8月盆や旧盆といわれる8月13日から16日までの地域が多いですが、東京をはじめ、地域によっては7月盆や新盆とよばれる7月13日から16日までのところもあり地域によって異なります。弊社近隣の流山市や野田市、柏市では8月のお盆が一般的ですが、この地域にお住まいの方でも菩提寺が東京にある場合等は7月にお盆を迎えることもあります。

お盆の準備

お盆はご先祖様をお迎えするために盆飾りを行ったりお供えを準備したりします。盆飾りは仏具店やホームセンター等で購入することができ、お盆の時期が近付くとお盆飾り一式を揃えたセット等も販売されています。

盆棚

お位牌やお供えもの等を置くための棚です。仏具店等で購入できますが、四十九日まで使用した後飾り祭壇を利用されたり、ご自宅にある台を利用したりしても結構です。棚の上には真菰で作った敷物を敷き、その上に精霊馬やお供えもの等を置きます。

精霊馬

茄子と胡瓜で作った牛と馬です。茄子、胡瓜にそれぞれ割り箸等を刺して足を作ります。茄子は牛、胡瓜は馬を表しており、様々な諸説がありますが、一般的にはご先祖様が帰ってくるときには馬に乗って早く帰ってきてもらい、お帰りになるときには牛に乗ってゆっくりと帰ってもらうという意味があるといわれています。仏具店やホームセンター等では藁で作った精霊馬も販売されています。

お供え

茄子と胡瓜を賽の目に刻み、洗米と混ぜて作った水の子や閼伽水をお供えします。その他、季節の野菜や果物、霊供膳とよばれるお膳に精進料理をのせてお供えをします。本来、精進料理は調理方法や味付け、彩りや器の並べ方、盛り付け方等に細かな決まりがありますが、現在では精進料理に拘らずにお供えすることも多いようです。

お花・提灯

盆棚の脇に飾ります。お花の種類等は特に決まりはありません。提灯は吊るすタイプと床置きタイプがあり、デザインもシンプルなものから柄の入ったもの、家紋や戒名を入れるもの等、豊富にあります。

お盆の準備もお任せください

弊社は「流山市の家族葬」「柏市の家族葬」「野田市の家族葬」を得意とする葬儀社です。弊社では葬儀が終わった後の、お盆や法要等のお手伝いもしております。「お盆の準備に何が必要かわからない・・・」「盆飾りを揃えるのが大変・・・」「お盆の飾りをお願いしたい・・・」等、お盆の準備に関してもお気軽にご相談ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加