家族葬

1日葬を行う方は増えています

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1日葬で行う方が増えています

1日葬とは通夜を行わない葬儀です。つまり葬儀・告別式だけを行う形式をいいます。近年は平均寿命延びたこともあって、葬儀に参列する方も高齢の方が多くなってきました。そうすると、「通夜と葬儀の二日間は参列できない」という方もいますし、「通夜を行うと無理してでも来られるから体調が心配」と親戚の方の体調を心配するお客様もいらっしゃいます。そんななかで生まれたのが通夜を行わない1日葬という形式です。また、1日葬は通夜を行わないので「通夜の料理は何名分準備しよう・・・」という、葬儀を行う上で最も悩まれる部分の問題もカットできますし、その分の費用がかからないので葬儀費用も安く抑えることができます。こういった理由も1日葬が増えてきている要因の一つと考えられます。

1日葬が行える葬儀社をお探しなら有限会社東葛福祉葬祭にお任せ下さい。

一般の会葬者も来られるのなら通夜をした方が良い

近年増えてきている1日葬ですが、もし一般の会葬者も来られるのならば、通夜を行った方が良い事もあります。一般の会葬者は仕事等の都合もあり、通夜に参列することがほとんどです。しかし、その通夜を行わないとなると、一般の方は「参列したいができない」「仕事を休まなくてはいけない」といった事になってしまいます。「故人様がまだ現役で働いていた」「たくさんの会葬者が予想される」といった場合には、通夜を行った方が良いでしょう。

流山市で1日葬を行うなら流山家族葬ホール

流山市で1日葬をお考えなら有限会社東葛福祉葬祭の流山家族葬ホールがお勧めです。一日一組の貸し切り葬儀式場ですので家族葬や1日葬を行う場合に適しています。流山市民だけでなく柏市民、野田市民の方も多く利用されていて、ちょどよい広さが好評です。

柏市で1日葬を行うならウイングホール柏斎場

1日葬を柏市で行うなら公共斎場のウイングホール柏斎場がお勧めです。火葬場と併設の式場なので、ウイングホール柏斎場の建物の中で葬儀から火葬、収骨まで、全てを行う事ができるので大変便利です。移動が少ないことで「参列者する親戚に負担をかけたくない」というお考えの方も安心してご利用できます。

野田市で1日葬を行うなら野田市斎場

1日葬を野田市で行うのならば野田市斎場がお勧めです。公営の斎場ですので安い料金で借りることができますし、火葬場併設なので葬儀から火葬、収骨まで、全てを建物の中の移動で済ませる事ができます。また、野田市斎場は他の公営斎場のように2階に控室があったり、地下に控室があったりということがなく、全てが1階です。移動距離も少ないので高齢の方も楽に移動ができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加