お墓

永代供養について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

永代供養とは

永代供養とは、家族や親族に代わって寺院や霊園で遺骨を管理し供養して頂くことをいいます。永代供養を選ばれる方々の主な理由は「お墓の継承者がいない・・・」「お墓を持つことで子供に迷惑をかけたくない・・・」「お墓に費用をかけたくない・・・」「経済的にお墓を建てることが難しい・・・」等があり、お墓に対する考え方が多様化してきました。永代供養は、代々継承されることを前提とした従来のお墓と違った埋葬方法の一つとして認知されるようになってきました。

永代供養の形態や費用

永代供養にはいくつかの形態があり、埋葬や供養の方法、費用等は、寺院や霊園によってそれぞれ異なります。永代といっても実際には“未来永劫に”という形態は少なく、十七回忌や三十三回忌等の年忌法要を区切りとしたり、10年間、20年間といった年数を区切りとして、契約時に定められた期間内の供養という意味で永代供養としていることが多いようです。永代供養を契約する際には、埋葬方法や供養の期間、費用等の契約内容をしっかりと確認することが重要です。

永代供養墓(合葬墓・合同墓・合祀墓)に埋葬する形態

寺院や霊園が建墓した永代供養墓に、複数の方々の遺骨と一緒に埋葬する形態です。基本的には一度納骨した遺骨は、後から取り出すことはできません。初めから遺骨を取り出して合祀する場合や、初めは骨壷のまま納骨し、一定期間を経過すると骨壷から遺骨を取り出して合祀される場合等があります。

お墓は個別に建てて埋葬後の管理と供養を寺院や霊園が行う形態

お墓は個々に建てて、納骨した後の管理や供養を寺院や霊園が行います。一定期間が経過するとお墓から遺骨を取り出して合祀する形態や、納骨の際に骨壷から遺骨を取り出して土に還す形態等があります。近年では、お名前等を彫った石版の下に埋葬するプレート葬や樹木の下に埋葬する樹木葬等を行っている寺院や霊園も増えています。

永代供養のメリット

一般的なお墓を建てるよりも費用を抑えることができる

永代供養でも個々にお墓を持つ場合もありますが、一般的には寺院や霊園で建てた永代供養墓に合祀したり、個々のお墓であっても墓石等は建てずに石版や樹木の下に埋葬したりすることが多く、お墓を建てるよりも費用を抑えることができます。

お墓の管理費や維持費がかからない

永代供養料等の費用を支払った後は、基本的に年間管理費等が不要なケースが多いです。ただし場所によっては、生前ご契約をされた場合に存命中や納骨を行うまでの間は年間管理費等が必要になる場合、合祀するまでは年間管理費が必要な場合等もあります。

お墓の継承者を必要としない

一般的なお墓の場合であれば、家族や親族がお墓の所有者として代々お墓を守っていかなければなりませんが、永代供養の場合は寺院や霊園で管理と供養を行うため、お子様等に代々引き継いでいく必要がありません。

永代供養のデメリット

一度納骨した遺骨は取り出すことができない

多くの永代供養墓では一度納骨した遺骨は取り出すことができません。納骨を行った後で、別のお墓に移すことはできないと考えた方が良いでしょう。

契約期間を過ぎると合祀される

個別に埋葬されている永代供養でも、契約期間を経過した遺骨は、他の方々の遺骨と合祀されることが多いようです。他の方々の遺骨と一緒になることに抵抗がある方にはデメリットとなります。

永代供養をお考えの方はご相談ください

弊社は「流山市の家族葬」「柏市の家族葬」「野田市の家族葬」を得意とする葬儀社です。核家族化が進み、家族の形態も変化して、お墓を継承するという概念が薄れつつある中で、今後、永代供養の需要は増加していくことでしょう。「子供がいないので夫婦だけのお墓をさがしている・・・」「墓守を頼める人がいないので自分だけのお墓を探している・・・」といったお話を伺うことも少なくありません。お墓に関することはご本人だけではなく、家族や親族にも関係します。永代供養をお考えになる際は、供養の方法や費用、メリットやデメリットを把握し、家族や親族とも相談しながら決めていくことが大切です。流山市や柏市や野田市の安い家族葬をお考えなら安心して弊社にお任せください。ご葬儀の相談はもちろん、お墓や永代供養の相談も承っており、葬儀が終わった後の心配事にもしっかりと対応致します。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加