仏壇

ご本尊の準備と開眼供養

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ご本尊とは

ご本尊とは信仰の中心となる仏を仏像や掛け軸に描いて形にしたもので、仏壇に安置するものの中で大変重要な意味を持つものです。ご本尊が何であるかは宗派によって異なりますので、ご自身の宗派に合わせた上で仏壇の大きさに合ったサイズのものを準備する必要があります。ご本尊は仏壇や仏具と一緒に購入されることが多いですが宗派や地域によっては本山からご本尊を受ける場合もあり、事前に菩提寺様に確認をしておくと間違いがありません。また、正式な荘厳ではご本尊の両脇に脇掛けと呼ばれる掛け軸も安置します。脇掛けもご本尊と同様に宗派によって異なりますので、ご本尊と合わせて確認をすると良いでしょう。

各宗派のご本尊と脇掛け

曹洞宗

ご本尊

釈迦如来

脇掛け

左は常済大師・右は承陽大師

臨済宗

ご本尊

釈迦如来

脇掛け

左は花園法皇・右は無相大師

天台宗

ご本尊

阿弥陀如来

脇掛け

左は伝教大師・右は天台大師

浄土宗

ご本尊

阿弥陀如来

脇掛け

左は法然上人・右は善導大師

浄土真宗本願寺派

ご本尊

阿弥陀如来

脇掛け

左は蓮如聖人・右は親鸞聖人

浄土真宗大谷派

ご本尊

阿弥陀如来

脇掛け

左は九字名号・右は十字名号

真言宗

ご本尊

大日如来

脇掛け

左は不動明王・右は弘法大師

日蓮宗

ご本尊

曼荼羅

脇掛け

左は大黒天・右は鬼子母神

ご本尊の開眼供養

ご本尊は購入後に、そのまま仏壇に荘厳するのではなく、開眼供養という儀式を行ってから荘厳します。開眼供養は仏壇に対して行うものと思われている方もいらっしゃいますが、正しくはご本尊に対して行うもので、宗派によっては魂入れやお性根入れ、入魂式等とも呼ばれます。開眼供養は“僧侶によってご本尊に魂を込めて頂くことでご本尊が尊像となり本来の意味を持つことになる”という大切な儀式で、本来は慶事として行います。しかし、実際には四十九日法要等と合わせて行うことが多くなっています。なお、浄土真宗にはご本尊に魂を入れるという概念がなく、御移徒(ごいし)と呼びます。

開眼法要の相談もお任せください

弊社は「流山市の家族葬」「柏市の家族葬」「野田市の家族葬」を得意とする葬儀社です。弊社の自社式場である流山家族葬ホールは、葬儀式場としてだけでなく法要会場としてもご利用頂けます。まだお墓をお持ちでない方等に多くご利用頂いており、ご親戚様からも「葬儀を行ったところと同じ場所だとわかりやすくて安心・・・」と好評を頂いております。もちろん、「仏壇を買ったから開眼法要を行いたい・・・」といった場合にもご利用でき、必要であれば各宗派の僧侶のご紹介も可能です。流山市や柏市や野田市で安い家族葬をお考えでしたら安心して弊社にお任せください。葬儀の前も終わった後も、仏事に関する様々なことをしっかりとサポートさせて頂きます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加