お墓

改葬の費用について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

改葬の費用は方法により異なります

改葬にはいくつかの方法があります

改葬にはいくつかの方法があり、その方法によって費用も大きく異なります。一般的には、“新たにお墓を建立し、改葬した後に元のお墓は撤去して墓石も処分する”という方法が多いですが、他に、遺骨と一緒に墓石も新たな墓地に移すという方法等もあります。

改葬に関する費用

改葬に関する費用は大きくわけて2つになります。1つは改葬前の元のお墓に関する費用、もう1つは改葬先の新しいお墓に関する費用です。お墓の規模や種類、改葬方法、地域等によっても大きく異なりますが、元のお墓に関する費用は50万から100万円程度、新しいお墓に関する費用は150万から300万円程度かかるといわれています。

元のお墓に関する費用

改葬前の元のお墓に関する費用は、遺骨を取り出す際の費用、墓石の撤去・処分費用、区画整地の費用が必要です。また、お墓を撤去する場合には閉眼供養を行うことが多く、その場合にはお布施も必要です。なお、菩提寺にお墓があり、改葬後に檀家を離れる場合には、離檀料ともいわれるお布施が必要なこともあります。

新たなお墓に関する費用

改葬先の新たなお墓に関しては、墓石代や永代使用料、管理費、納骨の費用が必要です。また、お墓を新たに建立した場合には開眼供養を行うことが多く、その場合にはお布施も必要です。

遺骨と一緒に墓石も移す場合

改葬を行う際に、元のお墓から新しいお墓へ遺骨とともに墓石も移す方法があります。この場合は墓石の処分費用と新たに購入する墓石代が必要なくなりますが、墓石の運搬・設置費用が必要になり、場合によっては割高になることもあります。また、寺院や霊園によっては墓石の移設を受け入れていないところもありますので注意が必要です。

改葬の相談も承っております

改葬を行うには、市区町村への改葬許可申請手続き、元のお墓の撤去に関する手続き、新たなお墓の購入手続き等、多くの手続きが必要となります。また、費用に関してもお墓の撤去費用や購入費用等が必要となり、決して安いものではありません。改葬を希望されていても、手続きや費用のことに不安を感じ、なかなか一歩を踏み出せないという方がたくさんいらっしゃいます。弊社は「流山市の家族葬」「柏市の家族葬」「野田市の家族葬」を得意とする葬儀社です。弊社では改葬に関する相談も無料で承っており、ご希望に応じて改葬をお手伝いできる石材店をご紹介することも可能です。葬儀の事前相談はもちろんのこと、お墓等のご相談もお任せください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加