お墓

改葬について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

改葬とは

改葬とは、現在埋葬されている遺骨を墓地から取り出し、別の墓地に埋葬することをいいます。改葬をする事情は様々ですが「故郷の墓地を近くの墓地に移したい・・・」「引っ越しに伴って近くのお墓に移したい・・・」「お墓を守る人がいない・・・」「新しく建て直したお墓に移したい・・・」等の理由により行う方が多いようです。改葬は墓地所有者の意向で行うことができますが、お墓や遺骨の問題は墓地所有者本人だけでなく、家族や親族も大きく関わってきます。後にトラブルにならないよう家族や親族ともよく相談をして同意を得た上で行うことをお勧めします。

改葬を行うには許可が必要です

改葬は許可なく勝手に行うことはできません。改葬を行うには、現在埋葬されている墓地のある市区町村に改葬許可申請書を提出し、改葬許可証を交付してもらう必要があります。市区町村によっては、同じ市区町村内で改葬する場合や改葬先が墓地ではなく自宅の場合等は改葬許可申請をする必要がない場合もあります。また、改葬に必要な書類や書類の書式、名称等は市区町村によって異なりますので、該当する市区町村に確認をしてから必要書類を準備するとよいでしょう。

一般的な改葬手続きの流れ

①改葬の意思を墓地管理者に伝える

まず、改葬の意思を寺院や霊園等、現在の墓地管理者に伝えます。お墓が菩提寺にある場合は、改葬によって檀家を離れるケースも多いです。その場合には今までお世話になった感謝をお伝えした上で、ご相談されるとよいでしょう。改葬の申請をするには現在の墓地管理者の署名、捺印を頂く必要があります。事前にきちんと相談をし承諾を頂くことは、改葬の手続きを進める上で大切なことです。

②改葬後の納骨先を決める

改葬後の納骨先を決定します。寺院や霊園によっては墓石の移設ができない等、改葬の受入れが難しいところもありますので確認が必要です。

③改葬先の墓地管理者に受入証明書を発行してもらう

寺院や霊園等の、改葬先の墓地管理者に受入証明書を発行してもらいます。受入証明書以外でも、墓地管理者が発行した墓地使用許諾書や永代使用許可証の写しでも可能であることが多いです。

④現在の墓地管理者から埋葬(埋蔵)証明書を発行してもらう

現在、遺骨を埋葬してある墓地管理者から埋葬証明書を発行してもらいます。一般的には、改葬許可申請書に墓地管理者の署名と捺印をして頂くことで埋葬証明書となる場合が多いようです。

⑤改葬許可証を交付してもらう

現在、埋葬されている墓地がある市区町村に改葬許可申請書、受入証明書、埋葬証明書を提出し、改葬許可証を交付してもらいます。

⑥現在のお墓から遺骨を取り出す

現在の埋葬先の墓地管理者に改葬許可証を提示し遺骨を取り出します。

⑦新たなお墓に納骨をする

新たな埋葬先の墓地管理者に改葬許可証を提出し納骨をします。

お墓に関する悩みもご相談ください

弊社は「流山市の家族葬」「柏市の家族葬」「野田市の家族葬」を得意とする葬儀社です。お墓は先祖代々引き継がれ、守っていくことが前提とされてきましたが、生活環境や家族形態の変化等で、お墓を移さなければならなかったり、お墓の維持自体が難しくなったりする等の事情で改葬を選択するケースも増えてきているようです。また、永代供養墓への埋葬を希望される方や散骨を望まれる方、お墓を必要としない方等、お墓に対する考え方も多様化しています。弊社ではお墓に関するご相談も承っております。ご先祖様のお墓のこと、ご自身のお墓のこと等、お気軽にご相談ください。なお、流山市や柏市や野田市の安い家族葬も安心して弊社にお任せください。経験豊富な葬祭ディレクターが葬儀のこともお墓のことも専任でお手伝いやアドバイスを行います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加