家族葬

自宅療養中にお亡くなりになった場合

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

かかりつけの医師に連絡をします

自宅療養中に息を引き取られた場合は、速やかにかかりつけの医師に連絡をして自宅へ来てもらいます。医師による死亡確認が行われるまでは正式に死亡とは認められませんので、お体の処置を施したり、移動したりせずに医師の到着を待ちます。かかりつけの医師がいない場合は救急車を呼ぶようにします。

死亡確認後に死亡診断書が発行されます

医師による死亡確認が行われると死亡診断書が発行されます。この診断書は亡くなったことを公に証明するもので死亡届とセットになっており、後に市役所へ提出する大切な書類です。ご自宅で亡くなった場合は、その場で発行されることは少なく、一度、医師が病院に戻ってから作成し発行されることが多いようです。亡くなった時間帯によっては翌日の発行になる場合もございます。基本的に死亡診断書は発行した病院に取りに行くことになります。大切な家族が亡くなられて動揺している状況で、病院まで死亡診断書を取に行くことが難しく、ご家族にとって大きな負担になることもございますので、弊社ではご家族に代わって病院へ行って受け取りの代行もサポートしております。しかし、病院によっては死亡診断書の引き渡しはご家族様に限定されている場合もございますので注意が必要です。

医師による死亡確認がされるとご遺体の処置を行います

医師による死亡確認がされると、ご遺体の処置等が行えるようになりますので、速やかに葬儀社へ連絡しドライアイス等の処置を行ってもらいます。お亡くなりになった後、ご自宅での安置が難しい場合は葬儀社等のご遺体安置施設へ搬送を行います。故人様のお体の状態を保つためには、なるべく早く冷やすことが重要となりますので、医師による死亡確認後はなるべく早く葬儀社に連絡をしましょう。

お困りの際は弊社へご連絡ください

弊社は「流山市の家族葬」「柏市の家族葬」「野田市の家族葬」を得意とする地域密着型の葬儀社です。大切な家族が亡くなった時は、どんなに心構えをしていたとしても動揺し、頭が真っ白になってしまう方が多くいらっしゃいます。自宅療養されていた方が亡くなり、どうしたら良いかわからない時は弊社にご連絡ください。今後、どこに連絡をして、そのような流れになるのかをしっかりと説明させて頂きます。弊社には経験豊富な葬祭ディレクターとグリーフケアアドバイザーが多数在籍しており、その時の状況に合わせた的確なアドバイスが可能です。流山市や柏市や野田市で安い家族葬を専門に行っております弊社を、困った時の相談先としてもご利用ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加