家族葬

野田市斎場の火葬予約時間は点火の時間です

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

火葬場によって予約の時間の解釈が変わります

火葬場によって火葬の予約時間が独自に決められていますが、その時間の解釈も火葬場によって変わってきます。大きく分けると、柩の受入れ時間と火葬の点火時間にわかれます。柩の受入れ時間という場合は、予約した時間の前後に火葬場に行くということになります。午前11時の火葬予約であれば、午前11時頃に火葬場に到着すれば良いというものです。火葬の点火時間という場合は、その時間には火葬炉に柩を納めて点火ができる状況でなければいけません。火葬場によってですが、通常20分か30分前から受入れを行います。まれに霊柩車の受入れ開始時間という場合もございます。

野田市斎場の予約時間は火葬の点火時間です

野田市斎場の予約時間は火葬を始める点火時間という解釈になりますので、その時間までに柩が火葬炉に納まっていないといけません。霊柩車の受入れは火葬予約時間の30分前からとなり、遅くても10分前には到着していないといけません。午前11時の火葬予約であれば、午前10時30分から午前10時50分の間に野田市斎場に到着をしなければいけないということになります。野田市斎場の場合、火葬炉の前でお花入れ等を行うことができますが、行える時間もこの範囲内ということになります。午前11時の火葬予約であれば、午前10時30分から午前10時50分までの20分間の間に到着しお花入れ等を終えなければいけません。

野田市関宿斎場も同じ解釈です

野田市関宿斎場も野田市斎場と同じように、火葬予約時間は火葬の点火時間という解釈になります。基本的に野田市斎場と同じで、30分前からの霊柩車の受入れ、遅くても10分前までには到着をしていなければいけません。

野田市斎場や野田市関宿斎場を利用される場合は弊社にお任せください

弊社は野田市の家族葬を主に行っている葬儀社です。地元の地域密着型の葬儀社ですので、野田市斎場や野田市関宿斎場のルールは熟知しております。もちろん火葬予約時間等に関しての解釈も理解しています。直葬の場合は限られた時間でいかに故人様とお客様がしっかりとお別れができるのかがポイントになってきますが、どうすればルールの中でお客様にとって一番良い故人様とのお別れができるのかということの提案やアドバイスは確かな知識と経験がないと行えません。弊社は安い家族葬を専門に行っていて、施行実績も2500件を超えております。野田市斎場や野田市関宿斎場の利用を考えている方は弊社に安心してお任せください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加