家族葬

流山市で家族葬を行うなら担当者が変わらない葬儀社へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

葬儀の担当者がころころ変わる葬儀社もあります

お客様にとって、葬儀は非日常的なことであって不安に感じる部分が大きいものです。身内を亡くした動揺もある中で、頼れるのは葬儀社のスタッフだけという場合もございます。しかし、葬儀ビジネスして作業効率ばかりに目を向けて、お客様の心情を考えない葬儀社も多くあります。そんな葬儀社の特徴は「担当者がころころと変わる」ということがあります。病院からの搬送、葬儀の打合せ、通夜の進行、葬儀・告別式の進行、葬儀費用の清算と、全てが違うスタッフで行われることもございます。病院で会って「初めまして・・・」、打ち合わせを始める前に「初めまして・・・」、通夜の日に「初めまして・・・」、翌日の葬儀・告別式の日の朝に「初めまして・・・」、後日、葬儀費用の清算で「初めまして・・・」。毎回毎回「初めまして」と言われればお客様は不安になってしまいます。安心して葬儀を行うには、担当者が変わる葬儀社はお勧めできません。

担当者が変わる事のデメリット

葬儀社の担当が変わることでのデメリットは、お客様が安心できない、不安になってしまうという事が挙げられます。また、葬儀社のスタッフに伝えたことが、次の担当者まで伝わっていないという事も多くあります。形式的なことは申し送りできても、直接会わないとわからない「お客様の故人様への想い」「葬儀に対しての気持ち」までは伝えられる事ができません。

担当者が変わらない事のメリット

葬儀社の担当者が変わらない事の最大のメリットは、お客様が安心して葬儀に臨める事です。葬儀社の担当者が変わらなければ、葬儀社とお客様の間に信頼関係が築かれます。最初は緊張しているお客様も、葬儀社の担当者と何度も何度もお会いしていく内に、緊張感がほぐれて何でも相談ができる関係になっていきます。お客様は、葬儀社の担当者と信頼関係ができないと「こんなこと聞いても良いのだろうか・・・?」「こんなことお願いしたらいけないのだろうか・・・?」と聞く前に、お願いする前に、お客様自身であきらめてしまう事があります。葬儀社の担当が変わらない事というのは、お客様にとって大きなメリットとなります。

流山市で葬儀の担当者が最初から最後まで変わらない葬儀社

有限会社東葛福祉葬祭は、流山市の葬儀社で、葬儀の担当が最初から最後まで変わりません。お客様との信頼関係を大切にし、何でも話せる関係作りを行う事が、お客様にとって最も大きなメリットだと感じているからです。流山市だけではなく柏市と野田市にも事務所があり、地域に密着した地元の葬儀社です。流山市の家族葬ならお任せ下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加