家族葬

神式の葬儀

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

神道での葬儀を神葬祭といいます

日本での多くの葬儀はお寺様による仏式で行われていますが、日本には古来より神道があり、神社の神職による葬儀もございます。この神式による葬儀を神葬祭といいます。神葬祭で行う場合も、葬儀の全体的な流れは仏式の葬儀と変わりませんが、儀式の内容が大きく変わってきます。神葬祭は神道独自の作法や手順に沿って執り行われます。

神葬祭の特徴

仏式での葬儀は寺院で行うこともござますが、神道では死を穢れと考えられているため、神の聖域である神社では葬儀を行いません。神式の葬儀の場合は、ご自宅か斎場等で行うことになります。参列者にとって大きな特徴となるものに玉串奉奠がございます。神式の葬儀では線香をあげたり焼香を行ったりということはなく、榊の枝に紙垂を付けた玉串と呼ばれるものを捧げます。玉串を捧げた後は神社でのお参りと同じ「二礼二拍手一礼」の作法でお参りをしますが、葬儀の際は音をたてない拍手「しのび手」で行います。これを玉串奉奠といいます。また、現代の仏式の葬儀では祭壇前に柩を安置することが多いですが、神式の場合は基本的に祭壇の後ろに安置をします。そのため故人様と対面をされる際は、祭壇の後ろにまわることになります。

葬儀の呼び名等も変わってきます

葬儀に関する呼び名も仏式等とは変わってきます。神式の葬儀では、通夜は通夜祭・遷霊祭と呼び、葬儀は葬場祭と呼びます。また、仏式で戒名に当たるものは諡(おくりな)、位牌に当たるものは霊璽(れいじ)、仏壇に当たるものは祖霊舎(それいしゃ)となります。

神葬祭も弊社にお任せください

弊社は「流山市の家族葬」「柏市の家族葬」「野田市の家族葬」を得意とする地域密着型の葬儀社です。神道では仏教でいう菩提寺と檀家という関係はなく、地域の神社が氏神様となり、その神社と繋がりを持っている方が氏子と呼ばれます。しかし、最近ではそのような関係が気薄になってしまっており、「うちは神道だが葬儀をお願いできる神社がわからない・・・」「神道の葬儀を考えているが付き合いのある神社がない・・・」という方が増えております。弊社では神式での葬儀の経験も豊富にあり、神葬祭をお願いできる神社の紹介も可能です。また、多くの経験から神葬祭のことも熟知しておりますので、適切な助言やアドバイス、ご説明をさせて頂くことも可能です。神葬祭を考えなら、流山市と柏市と野田市の家族葬専門葬儀社である弊社にお任せください。宗旨宗派問わず、誠心誠意お手伝いをさせて頂きます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加