家族葬

家族葬で行うときは会社にもしっかりと伝えましょう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

家族葬でも会社へはしっかりと連絡をしましょう

ご家族に不幸があった際、会社関係のご弔問をご遠慮頂く家族葬で行う場合でも、会社への連絡はしっかりと行いましょう。ただし、普通にご連絡を行った場合には、会社関係の方々が弔問に来られることが一般的です。会社関係の方々の弔問をご遠慮頂く場合は、家族葬で行うこと、弔問をご遠慮頂くことを明確にお伝えすることが大切です。

葬儀の内容を明確にしましょう

ただ単に「家族葬で行います・・・」とだけ伝えた場合に、会社関係の方々は弔問に行って良いものか、香典や供花はどのようにしたら良いか戸惑ってしまいます。会社関係の方のご弔問をご遠慮頂く場合は、連絡の際に、その内容をしっかりと伝えるようにしましょう。連絡する内容としては、亡くなった方の関係や近親者のみで家族葬を行うこと、弔問はご遠慮頂くこと等を伝えます。香典や供花、供物もご辞退される場合には、その旨もはっきりと伝えるようにします。しかし、家族葬だからといって全て辞退しないといけないということではございません。ご辞退する範囲については、会社に連絡をする前に、ご家族で相談して決めておくことが望ましくなります。

慶弔見舞金が会社から出る場合

お勤めになっている会社の規定によって慶弔見舞金が支給される場合がございます。一般的には、香典は喪主様に対してお渡しし、それに対して喪主様も返礼品をお渡しするものですが、慶弔見舞金は家族を亡くした社員へ渡されるもので、会社の福利厚生の意味合いが強く、それに対しては返礼品を用意する必要はないとされております。香典を辞退された場合でも、香典と慶弔見舞金は別物と考え、受け取られることが一般的です。

会社へ連絡する内容は葬儀社にご相談ください

弊社は「流山市の家族葬」「柏市の家族葬」「野田市の家族葬」を得意とする葬儀社です。家族葬の場合、会社関係の方々への連絡をどのようにすれば良いか戸惑ってしまう方も多くいらっしゃいます。そのようなときには弊社にご相談ください。ご家族の希望される葬儀形態に合わせて、どのように連絡することが最善かを考え、会社関係の方々に対して失礼のない対応ができるようにアドバイスをさせて頂きます。また、一般的に忌引き休暇や慶弔見舞金の申請の際には、会葬礼状等の葬儀を行った証明になる物を会社に提出する必要がございますが、家族葬の場合は返礼品や会葬礼状をご準備しないケースも多くございます。その為、弊社ではそのような書類が必要になった場合にはご希望に応じて葬儀施行証明書の発行を行っております。流山市や柏市や野田市で安い家族葬をお考えなら安心して弊社にお任せください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加