家族葬

浄土真宗では旅支度を行いません

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

仏式の葬儀では旅支度を行うことが多いです

仏式の葬儀では、宗派により考え方が変わってきますが、多くの宗派で旅支度を行います。故人様は49日間をかけて仏様の世界へ旅をされるとの考えから行われております。一部の宗派では、この旅を否定しておりますので、そういった宗派では旅支度を行いません。

浄土真宗では49日間の旅を否定しております

浄土真宗では、亡くなられると阿弥陀様によって極楽浄土へ導かれると考えられておりますので、亡くなられてからの49日間の旅を否定しております。故人様は旅をされませんので旅支度を行うこともございません。また、ご飯やお団子といったお供えも致しません。

旅支度とは

白装束

故人様には白い着物をお着せします。胸元のあわせは逆さ事となりますので左前の着付けになります。

足袋

故人様の足元には足袋を履かせます。紐がついており、結び方は立て結びとなります。

脚絆

故人様のすねには脚絆をつけます。紐が上下二カ所ございます。すねを守るためともいわれますが、長い旅で疲れにくくするためともいわれています。

手甲

故人様の手元には手甲をお付けします。こちらも紐がついておりますので立て結びで結びます。

頭陀袋

故人様の胸元には頭陀袋をお持たせします。頭から通して、首から下げるような形になります。中には六文銭が入っており、三途の川の渡し賃ともいわれております。

数珠

故人様の手元には数珠をお持たせします。故人様が愛用していたものか、葬儀社で準備する火葬用の物になります。

天冠

故人様の額に付ける三角形の物です。現在は直接お付けすることはなく、編み笠に付けて柩の中に納めます。

編み笠

こちらも現在では柩の中に納める形となります。天冠と一緒にして枕元に納めます。

草履

故人様に履かせる物ですが、直接履かせることは難しいので柩の中の足元に納めます。

こちらも柩の中に納めます。故人様の利き腕の方に添える形になります。故人様が生前使っていた杖を希望される方もいらっしゃいますが、材質によっては難しいことも多いので、葬儀社の準備する火葬用の物を使用することが多いです。

流山市や柏市、野田市の家族葬はお任せください

弊社は「流山市の家族葬」「柏市の家族葬」「野田市の家族葬」を得意とする葬儀社です。経験豊富な葬祭ディレクターやグリーフケアアドバイザーが多数在籍しており、様々な宗教や宗派の考え方を熟知しております。地域密着型の地元葬儀社として、施行実績も2,500件を超え、地域の風習も熟知しております。流山市や柏市、野田市の安い家族葬をお考えなら安心してお任せください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加