家族葬

骨壷の大きさや種類について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

地域により異なる骨壷の大きさ

骨壷の大きさにはいくつかの種類がございます。骨壷の大きさは壷の直系を寸で示すことが多く、1寸が約3cmで、一般的に2寸から7寸の骨壷を使用します。弊社のお手伝いさせて頂いている流山市や柏市、野田市等の関東地域を含む東日本の地域では、火葬終了後に全ての遺骨を骨壷に納めるますので、7寸の骨壷を使用することが多くなります。関西地域等の西日本の地域では、火葬終了後に全ての遺骨を骨壷に納めることはなく、一部の遺骨を骨壷に納めますので、4寸や5寸の大きさの骨壷を使用することが多くなります。地域によってお墓の作りも異なり、骨壷を納めるカロートの大きさが東日本の地域と比べると西日本は小さくなっていることもございます。葬儀を行う地域とお墓がある地域が異なる場合は予め菩提寺様や墓地の管理者の方にカロートの大きさ等を確認しておくと良いでしょう。

分骨をされる場合

分骨を行う場合は、本骨用と分骨用の2種類の骨壷の準備が必要です。分骨用の骨壷の大きさに決まりはございませんので、お好みの大きさで骨壷をお選び頂けますが、一般的には2寸程度の小さな骨壷を用意することが多いです。分骨を行う場合には、所定の手続きを行い分骨証明書の発行をして頂かないといけませんので、ご希望の方は事前に葬儀社に相談することをお勧めいたします。

骨壷の色やデザイン

骨壷というと以前は白い無地のものが一般的でしたが、現在は様々な色やデザインの骨壷がございます。シンプルな図柄が描かれているものや花や鳳凰等が描かれているもの、青地のものや瑠璃色、黒等の色もございます。また、九谷焼等の焼き物の骨壷もあり、近年は故人様にお似合いになるものを選ばれる方が多くなってきました。また、骨壷に故人様のお名前やご逝去日等を入れることも可能です。

ご希望に合った骨壷をご用意します

弊社は「流山市の家族葬」「柏市の家族葬」「野田市の家族葬」を得意とする葬儀社です。近年は「故人は明るい色が好きだったから・・・」「故人はお花が大好きだったから・・・」と、故人様らしい骨壷をご希望される方が増えてきております。弊社では、ご希望に応じて故人様にお似合いの骨壷をご提供できるよう常時20種類以上の骨壷を準備しており、柏店では骨壷の展示も行っております。実物を確認しながらの事前相談は「わかりやすい・・・」と評判です。流山市や柏市や野田市で安い家族葬をお考えでしたら安心して弊社にご相談ください。弊社の葬祭ディレクターが親切丁寧にご説明させて頂きます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加