家族葬

葬儀社が手配する車両について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ご遺体の移動は自家用車で行うことも可能です

ご遺体の移動は葬儀社でないと行えないとお考えの方も多いですが、故人様のご搬送やご移動は自家用車で行っても法律的には問題ございません。しかし、ご搬送のための車の準備や、大切な方を亡くされて心身ともにお疲れになっているご家族様の負担を考えると、ご家族様が自家用車で搬送することはお勧めできる方法とは言い難いものです。通常、ほとんどの方が搬送を葬儀社に依頼します。

葬儀社の搬送車や霊柩車は緑ナンバーです

葬儀社が故人様を病院からご自宅や安置施設への搬送したり、火葬場への移動したりする車両は、許認可を受けた緑ナンバーである必要があります。ご家族様が自家用車で搬送される場合は通常の白ナンバーでも可能ですが、葬儀社が白ナンバーの車両で搬送することは違法行為となります。これは搬送に対して料金が発生してもしなくても同様で、葬儀社が白ナンバーの車両で搬送を行うことは認められていません。最近はあまり見かけなくなりましたが、白ナンバーの搬送車両を使用する葬儀社もございますので注意が必要です。

病院等からの搬送料金は距離に応じて異なります

病院でお亡くなりになった場合、故人様を長時間病院に安置しておくことは難しく、通常は速やかに自宅や安置施設に搬送することになります。この時の搬送料金は距離によって異なますので、葬儀社の葬儀プランに含まれている場合でも「○○㎞まで」とされています。距離の計算は、搬送車の出発地点からお迎え先、お迎え先から安置場所までの走行距離となり、規定の距離を超える場合には別途の超過料金がかかります。病院から安置場所までの距離が長く、搬送料金が心配な場合には、葬儀社に搬送依頼を行う前に概算の金額を確認すると良いでしょう。

霊柩車は車種によって料金が異なります

葬儀の際、一般的に火葬場へ向かう際には霊柩車を使用します。霊柩車の料金は主に使用する車種等によって決まり、国産車や外車、宮型の霊柩車やバン型の霊柩車、マイクロバス型の霊柩車等の様々な形がございます。葬儀社によっても用意できる車種が変わってきますが、使用する火葬場によっても受け入れ可能な車種が限られることもございます。近年では、宮型の霊柩車の受入れが禁止となっている火葬場が増えてきました。

弊社は違法車両の使用は致しません

弊社は「流山市の家族葬」「柏市の家族葬」「野田市の家族葬」を得意とする葬儀社です。弊社で手配する搬送車や霊柩車は、しっかりと許認可を受けた緑ナンバーの車両です。また、通常は搬送車も霊柩車も国産の車両を利用しているため、費用を抑えることが可能です。流山市や柏市や野田市で安い家族葬をお考えでしたら安心して弊社にお任せください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加