家族葬

生活保護受給者の葬儀

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

生活保護受給者の葬儀ができる葬儀社

有限会社東葛福祉葬祭

流山市柏市野田市

有限会社東葛福祉葬祭は流山市や柏市、野田市に事務所があり、地域に密着した葬儀社ですので各自治体ともスムーズな連携を行うことができます。生活保護受給者の葬儀には様々な制約があり、自治体によって多少の違いもございます。後から「あーではない」「こーではない」とお客様に不利益が生じないようにするには、地元の経験豊富な葬儀社にお任せすることが一番です。

有限会社東葛福祉葬祭は年間数十件の生活保護受給者の葬儀を施行している葬儀社で、知識と経験に絶対の自信を持っております。

生活保護受給者の葬儀の内容

生活保護受給者の方の葬儀の内容は、簡単にいうと直葬という形式になります。まず、お亡くなりになった場所から安置所まで搬送し、火葬場の予約を取ります。そして、火葬の予約が取れた日時に合わせて、安置所から火葬場へ搬送して火葬を執り行います。火葬終了後に収骨を行い、お骨をお持ち帰りして頂くというような内容です。お寺様に来て頂いたり、祭壇を飾ったりといった事は行わない葬儀になります。ただし、葬儀費用や火葬費用をご自身で負担される場合には、特に制約はございません。負担される方の意向に合わせた葬儀を行うことができます。

生活保護受給者が葬祭扶助で行うのならば火葬のみの葬儀、葬祭扶助を申請しないのならば自費にて自由に葬儀を行うことができます。

葬祭扶助を受けられる条件

葬祭扶助が受けられる条件としては、葬儀を執り行う方が生活保護を受給している場合に限ります。例えば、夫婦で生活保護を受給していて、夫または妻が亡くなった場合です。この場合は葬祭扶助が出ると考えて間違いありません。しかし、故人様が単独の世帯で親族の方は生活保護を受けていないという場合には基本的には葬祭扶助はでません。よく「故人は生活保護を受けていたから役所が葬儀をやってくれる」という勘違いをされている方がいますが、生活保護を受けている方以外は支払い能力があると判断されます。

また、「火葬だけではかわいそう」という理由で、遺影の写真を作成したり、お花を準備したり、お寺様をお願いしたりすれば、これも「支払い能力がある」と判断されて葬祭扶助はでなくなります。「葬祭扶助で足りないものは自分たちで」というような方法はとれません。全てを役所に任せるか、全てを自分で行うかの二者択一になります。

流山市の生活保護

流山市の生活保護の担当課は社会福祉課です。流山市役所の第2庁舎、1階にあります。葬儀を行うことになった場合には社会福祉課の担当者に報告の上、相談することになります。

柏市の生活保護

柏市の生活保護の担当課は生活支援課です。柏市役所の別館、1階にあります。葬儀を行うことになった場合には生活支援課の担当者に報告の上、相談することになります。

野田市の生活保護

野田市の生活保護の担当課は生活支援課です。野田市役所の1階にあります。葬儀を行うことになった場合には生活支援課の担当者に報告の上、相談することになります。

生活保護受給者の葬儀に関する記事

生活保護受給者が行う直葬に関する記事

直葬の後に納骨できる霊園

  • このエントリーをはてなブックマークに追加