お墓

遺骨を持ち帰らない0葬という形式があります

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

0葬とは

0葬とは宗教学者の島田裕巳氏が2014年に出版した「0葬-あっさり死ぬ」という本で紹介された形式です。簡単にいうと「火葬が終わった後、遺骨を火葬場から持ち帰らない、受け取らず処分してもらう」といった形式です。墓地を準備する必要がなく、遺族から墓地に関する重荷から解放され、経済的にも楽になるという趣旨のようです。

全ての遺骨を持ち帰らない地域もあります

「遺骨を処分・・・」と聞くと流山市や柏市、野田市にお住まいの方は抵抗がある方が多いです。しかし、関西地域等は遺骨を全て持ち帰るという風習がありません。骨壷の大きさも、関東地方では7寸というサイズで全ての遺骨が納まる大きさですが、関西地方等では4寸、もしくは5寸といった小さめのサイズで全ての遺骨が納まる大きさではありません。この関西地域等で使われるサイズの骨壷の場合、納まりきらない遺骨は火葬場で引き取られています。関東地方の方の感覚では「遺骨を火葬場に置いてくるの・・・?」という考えですが、関西地方等の方の感覚では「遺骨を全て持ち帰るの・・・?」という考えです。

ウイングホール柏斎場では0葬を行う事が可能です

ウイングホール柏斎場では、所定の書面に署名と押印さえすれば「遺骨を持ち帰らない、受け取らない」という事が可能です。この場合、火葬終了まで待つ必要もなく、火葬が始まった段階で解散するという事も可能ですし、火葬終了まで待って遺骨の確認だけして解散するという事も可能です。

野田市斎場でも0葬を行う事が可能です

野田市斎場でも、ウイングホール柏斎場と同じように、所定の書面に署名と押印をすれは0葬を行う事が可能です。ただし、野田市斎場でもウイングホール柏斎場でも、後から「やっぱり遺骨を返して・・・」という事はできません。0葬を行った場合は、後からやめて遺骨を返してもらうという事はできません。

0葬ができない火葬場もあります

ウイングホール柏斎場や野田市斎場では、所定の書面に署名と押印すれば0葬が可能ですが、どんなに希望しても遺骨を引き取らない火葬場もございます。火葬場によっては全ての遺骨ではなく一部の遺骨さえも引き取りを行わない火葬場もあります。この場合、関西地方等に納骨をするため小さな骨壷を利用する場合も「全ての遺骨を持ち帰らないといけない・・・」という事になります。火葬場によってできる事とできない事がありますので、葬儀社に相談する事が大切になってきます。

0葬を勧めているわけではありません

0葬の説明を致しましたが、決してお勧めしているわけではございません。0葬という言葉が出てきて3年以上が経った現在でも、それほど認識されている方もおりませんので、一般的に受け入れられていないとみて良いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加